2018年07月15日

走った記録(2018年7月15日・7月13回目)

走った記録。

今日、走った。
距離は16km。

昨夜は、ワールドカップの3位決定戦である、ベルギーVSイングランド戦を一応観た後、寝て起きたら午前7時少し前。
日曜としてはそれほど遅い時間ではないが、ランニング的に考えると、ここ最近は午前7時には外は既に暑いのでキビシイ。
とはいえ、雨が降ってもいないので、準備をしてランニングコースへ出発する。

ランニングコースに出てみると、やはりとても暑い。
ここ最近は、夜になっても、早朝でも、あまり気温が下がらないのでしんどい。
手元のスマホアプリで見ると、気温は29.7℃となっていた。
30℃を超えるのも時間の問題である。
多少風が吹いていたのが唯一の救いであるが、今朝もランニングには適さない天候であった。
今日も準備運動後、ゆっくりしたペースで走っていく。

今日はこの暑さだし、4kmくらい走れればいいと思い、気楽な気持ちで走り出す。
走り出してみると、昨日12km走った割には、思ったよりも体が軽いし、脚も軽めだった。
昨日はワールドカップを観る前にも、夕方くらいから結構ガッツリ寝たのだが、その効果もあるのかもしれない。
1km、2kmと走っていく。
汗が噴き出し、体は熱くなってきたが、走るフォームがバッチリはまったのか、足どりは軽やかである。
3kmを過ぎても脚が軽い。
隅田川沿いのランニングコースは、7/28(土)開催予定の隅田川花火大会対策で、バリケードが設営されており、道幅が狭くなっていて気持ち的に走りにくい。
それにも関わらず、しかも30℃を超えようという気温で暑いにも関わらず、どういうわけか今朝は楽に走れている。
そのまま4kmに差し掛かる。
暑さのため体は若干ダルく感じるものの、脚は余裕であるため、当然ランニング続行。

5kmを過ぎるころになると、さらに脚が軽く感じてきて、とても走りやすい。
ここ最近の傾向で、5kmくらいに差し掛かるくらいが一番楽に走れている気がする。
6kmに差し掛かり、7kmも通過。
空は晴れているが、太陽の角度がちょうど良いのか、直射日光をあまり感じないため、意外と走りやすい。
まあ、今日の私にはそれだけ調子が良かったのかもしれない。
8kmに差し掛かるころには、脚はやや重く感じてきたが、まだまだ余裕であり、便意も感じないため、ランニング続行。

走り始める前は4km走れれば良いと思っており、8km走れれば十分だと思っていたので、8kmをクリアしてから、気分的にかなり楽になる。
気分的に楽になったこともあってか、9kmを過ぎてもそれほど脚に負担を感じず、10kmに差し掛かる。
脚は若干重くなったが、まだ余裕があり、ランニング続行。
11kmを通過する頃には更に脚が重くなった気がしたが、さらに走り12kmくらいに差し掛かると、また脚が軽く感じてきた。
当初は全く予想していなかったことであるが、この調子だと、条件が揃わないと滅多に走ることが出来ない、12kmオーバーの距離を走ることが出来そうである。
そんなチャンスはあまりないし、せっかくなのでランニング続行。

13kmくらいまでは脚が少し重いと感じていたが、13kmを過ぎると、また脚の負担が軽くなったような気がした。
やがて14kmに差し掛かる。
12kmを通過した際には、14kmくらいが限界かと思っていたが、まだ走れそうなので、当然ランニング続行。
それから15kmまでは若干キツく感じたが、15kmを通過してももう少し走れそうである。
結局、そのまま勢いで、1往復4kmのランニングコースをキリよく4往復し、16km走ってこの日は終了。
今日は暑いため、ここで一応終了しておいたが、脚的にはもう少し走れそうだった。
今日は天候的にそれほど走れないと思っていたわけだが、走ってみたいとわからないものである。
とにかく距離的には大満足である。

明日も出来れば走りたい。

******************************
「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」に参加しております。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
******************************
posted by 太田 泰男 at 11:37| ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

走った記録(2018年7月14日・7月12回目)

走った記録。

今日、走った。
距離は12km。

今朝、土曜としてはまあまあ早めに起きることが出来たので、走った。

昨日は一昨日まで6日連続で走っていた疲れか、脚が全体的に疲れていたし、あまりにも暑かったので、走るのを休んだ。
そのため、今日は出来ればそこそこの距離を走りたいと思っていた。
ランニングコースに出てみると、とても暑い。
暑過ぎる。そして明日以降もしばらく暑い予報である。
キビシイ。。。
多少風が吹いていたのが唯一の救いであるが、とにかくランニングには適さない天候であった。
今日も準備運動後、ゆっくりしたペースで走っていく。

走り出してみると、昨日休んだにも関わらず、体も重いし、脚も重かった。
これはあまり長い距離を走れないかもしれない。
1km、2kmと走っていく。
汗が噴き出し、体はとっくに温まっているが、まだ若干脚が重い。
3kmを過ぎても脚が重くキツイ。
そのまま4kmに差し掛かる。
4kmくらいになると、多少脚がこなれてきて、若干走りやすく感じてきた。
キツイことはキツイが、とにかくランニング続行。

5kmを過ぎるころになると、若干脚が軽く感じてきた。
ときおり吹く風にも勇気付けられる。
6kmに差し掛かる。
脚はやや重いものの、思ったよりも大丈夫そうなので、ランニング続行。
7kmに差し掛かるあたりになると、やはり脚が重くなってくる。
8kmに差し掛かる。
脚は結構キツいが、ここまで来たら10km走ろうと思い、勢いでランニング続行。

9kmもなんとか通過し、10kmに差し掛かる。
脚は限界が近付いているが、ここまで来たら、1往復4kmのランニングコース3往復の12km走りたいと思い、ランニング続行。
11kmを頑張って通過し、なんとか12km走ってこの日は終了。
この暑さで12km走ることが出来て、良かった。

明日も出来れば走りたい。

******************************
「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」に参加しております。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
******************************
posted by 太田 泰男 at 10:22| ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

らーめん 改@蔵前 その4

東京都台東区蔵前にあるラーメン屋さん「らーめん 改」。
蔵前駅から徒歩圏内にあり、国際通り沿いにあるお店である。
20180713164527721.jpg

(「らーめん改@蔵前」の地図、電話番号等の詳細情報はこちら⇒http://yasuo2data.seesaa.net/article/435165971.html

こちらは2016年2月にオープンしたお店であり、こちらの店主は、青梅市のラーメン屋さん「いつ樹」や「五ノ神製作所@新宿」(http://yasuo2.seesaa.net/article/408288722.html)で修行した方とのこと。

先日、前回の訪問時から1ヶ月強後の平日に、通算4度目の訪問をした。
この日訪問したのは、こちらの店の助手の方(川野さん)のTwitterにて、2018年6月30日に独立に向けて「らーめん 改」を卒業するに当たり、卒業制作ということで、限定メニューを提供するとの告知があり、その限定メニューを食べたいと思ったからである。

卒業制作の限定メニューは「アサリと鶏の濃厚つけ麺」と銘打たれており、以下のような説明書きがされていた。
・「貝塩らーめん」よりさらに大量のアサリを投入。貝感満載!!
・付け合わせはズッキーニの浅漬けと鶏チャーシュー。
・大盛不可。量が足らない方は和えそばor替え玉を追加してください。


ちなみにこの限定メニュー、私の訪問日の前日に180食限定でスタートしたのだが、訪問日には残り50食とTwitterで告知されていた。
つまり限定の提供がスタートした初日に、1日で130食出た計算である。
凄い勢いである。
このペースだと、おそらく昼営業時の途中で売り切れると思い、開店前から並ぶことを決意した。

昼営業開始予定時刻の15分前に店に到着。
先客は3人おり、私が並んで少ししてから、後客が接続。
この日はとても暑く、ただ立って並んでるだけなのに、汗が吹き出してくる。
誰のだか知らないが、ちょうど並ぶ位置にチャリが路駐されておりうざい。

平日にも関わらず、営業開始前に行列がどんどん延びていく。
やがて、営業開始予定時刻ちょうどに開店。
開店時には15人近い行列であった。

店員は全部で5人。
店主と助手の川野さん初め、いつも見る4人のメンバーに加え、初めて見る男性店員もいた。
席構成はカウンターのみ10席である。


<注文システム>
店内入ってすぐの券売機にて食券を買うシステム。


こちらのレギュラーメニューは、看板メニューの「貝塩らーめん」と、「煮干らーめん」(水曜日と日曜日のみ提供)と「煮干つけ麺」。
また、味付きの替え玉である、いわゆる「和え玉」もあり、こちらでは「貝油の和えそば」と「煮干油 和えそば」のメニュー名で2種類ある。
ときおり限定メニューの提供もある。
この日は上で書いた通り、助手の川野さんの卒業制作の限定メニューである「アサリと鶏の濃厚つけ麺」のボタンが券売機の一番下に設定されていた。


≪注文したもの(買った食券)≫
「アサリと鶏の濃厚つけ麺」(900円)
「貝油の和えそば」(200円)


この日の目当てである、助手の川野さんの卒業制作の限定メニュー「アサリと鶏の濃厚つけ麺」の食券を迷わず購入。
また、味付け替え玉である「貝油の和えそば」の食券も合わせて購入した。

購入した食券を店員の方に渡しつつ、空いているカウンター席へ順番に案内され、着席する。
前回の訪問時は平日の夜であったが、前々回の訪問時は今回と同様に平日の昼営業スタート直後。
この日と同じ平日昼営業開始直後という条件だったが、明らかに前々回の訪問時よりも行列が多い。
限定メニュー効果というのもあるだろうが、常連の方などは、2年在籍されたという助手の川野さんの卒業を見送る意味で訪問している方も多いのであろう。

やがて、注文の「アサリと鶏の濃厚つけ麺」が到着。

「アサリと鶏の濃厚つけ麺」。
20180713164550365.jpg

麺。
20180713164604316.jpg

つけ汁。
20180713164617910.jpg

<麺>
麺は中太のストレート麺。
麺のみ、少しすすってみると、ツルッとした舌触りで、冷水でしっかりと締められておりコシがある。
そして、麺自体に塩味がしっかりとついており、なかなか旨い麺である。

<つけ汁>
つけ汁は黄土色に濁ったビジュアルで、細かい液体油が薄く層を作っており、その下にはしっかり乳化したスープが見てとれる。
基本的にサラリとしており、わずかに粘度を感じるかどうかの質感。
つけ汁だけ少し飲んでみると、まずアサリの旨味と風味がブワーッと押し寄せて、そして鶏の深い旨味が付加されてバランス良く広がる。
とても旨いつけ汁である。

<具>
具は麺の上に、鶏チャーシュー、ズッキーニの浅漬け、つけ汁に、刻み玉ねぎ、スライスした小さな玉ねぎ、葱。
鶏チャーシューはしっとりしているタイプで、あっさりした味付け。柔らかでなかなか旨い。
ズッキーニ浅漬けは、味付けもまろやかで、程よい歯ごたえで、良い箸休めである。


中太のストレート麺をつけ汁につけてすすってみる。
濃厚なつけ汁を麺がしっかり持ち上げ、アサリの強烈な旨味と風味、そして鶏の旨味が口中に広がり、麺のすすり心地の良さもあいまって、とても旨い!
特にアサリの旨味が強く出ているが、貝のエグミを感じないギリギリのところで調整されており、鶏の旨味がアサリを生かしつつ絶妙にバランスをとっていて、素晴らしい。
濃厚なのだが、しつこさはなく、濃度のバランスも絶妙である。
とてもとても旨い!旨すぎる!

旨いので、一心不乱にどんどん麺をつけ汁につけてすすっていく。
いやー旨い!

その後、麺を8〜9割ほど食べたところで、、「貝油の和えそば」の声かけをする。
そして、「アサリと鶏の濃厚つけ麺」の残りの麺と具もどんどん食べて、あっという間に完食。
とても旨かった!
思っていた以上に貝感満載であり、そして鶏の旨味もしっかりバランスされた、とても旨いつけ麺であった。


それからほどなくして、「貝油の和えそば」が到着。

「貝油の和えそば」
20180713164900522.jpg

麺は貝油とタレが和えられており、その上に具が乗せられている。

<麺>
麺は細麺のほぼストレート麺。
やや固めの茹で加減で、歯切れの良いパツッとした食感。

<具>
細かく刻んだチャーシューがまぶされ、その上から青葱があしらわれている。


まずはそのまま食べてみる。
貝油とタレがよく麺にからんでおり、貝油のコクと旨味が感じられ、そのまま食べてもとても旨い!
細かく刻まれたチャーシューが良いアクセントであり、このままでも十分「油そば」として成立している。

いつもであれば、注文していたラーメンのスープやつけ麺のつけ汁に、和えそばの麺をつけたり、投入したりして食べるのだが、この日はせっかくの限定メニューということもあり、「アサリと鶏の濃厚つけ麺」のつけ汁はプレーンに保っておきたかった。
そのため「アサリと鶏の濃厚つけ麺」つけ汁の方を、和えそばの器にレンゲで少し入れて、よく混ぜて食べる。
すると、「貝油の和えそば」の麺に絡んだタレと油に、アサリの強烈な旨味と鶏の旨味が追加され、なかなか旨い。

あっという間に「貝油の和えそば」を全部完食。
とても旨かった!

そして、残った「アサリと鶏の濃厚つけ麺」のつけ汁のスープ割りをお願いする。
こいつがまた旨い!
最後まで一滴残らずスープ割りを飲み干して、終了。

「アサリと鶏の濃厚つけ麺」と「貝油の和えそば」と最後まで楽しめて、とても満足であった。
「アサリと鶏の濃厚つけ麺」は卒業制作ということもあってか、原価度外視のスープとのことであり、またこのメニューを食べることは叶わないのであろう。
だが、是非また食べたいと思う、とても旨いつけ麺であった。


助手の川野さんの卒業は、上でも書いた通り独立開業のためとのことであり、独立開業された際には、是非訪問したい。
もちろん、こちら「らーめん 改」のレギュラーメニューもとても旨いので、是非また食べに来たい。

御馳走様でした。

※「らーめん 改@蔵前」の以前の記事はこちらから
http://yasuo2.seesaa.net/article/459779986.html
http://yasuo2.seesaa.net/article/459655374.html
http://yasuo2.seesaa.net/article/435443161.html

******************************
「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」に参加しております。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
******************************
posted by 太田 泰男 at 16:50| 飲食(ラーメン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする