2017年08月16日

とある日の家酒「季の美(KI NO BI)(700ml)」

京都のジン蒸留専門の蒸留所である京都蒸留所で作られている、ジャパニーズクラフトジン「季の美」。
ロンドンドライジンならぬ、「京都ドライジン」である。
20170816090609298.jpg

20170816090632260.jpg

20170816090645989.jpg

20170816090723736.jpg

20170816090740390.jpg

20170816104502578.jpg

このジンの存在を知ったのは、以前バーで飲んでいたときである。
なんでも最近クラフトジンが流行っており、京都で作られているこのクラフトジン「季の美」が話題になっていること、作り手はイギリス人であること、京都ならではのボタニカルを使用していること、等を聞いたわけである。そして、その後バーで「季の美」を飲んでみたところ、とても旨かったわけである。

先日、六本木ヒルズ付近を自転車で通る機会があったので、六本木ヒルズのウエストウォークレベルの一階にある酒屋「六本木 鈴酒」に寄った際に、この「季の美」が売っていたので、購入した次第である。

その製法については、京都蒸留所のホームページ(https://kyotodistillery.jp/)に詳しく書かれているので、この記事では詳述しない。

バーで飲んだ時は常温で飲んだが、購入したボトルは冷凍庫で冷やして、まずはストレートで飲んでみる。
トロ〜っとなっている。
冷やしたことで、常温で飲んだ時と比較して香りは感じにくくなっているようだが、
口中に含むと、ジュニパーベリーがど真ん中に感じつつ、まず柚子と思われる柑橘系がきて、飲み込む際に、瞬間、ほんのり山椒を感じる。
飲み口まろやかで、喉越しも優しく、アルコール度数45度とは思えないくらいである。
旨い!

ロックで飲んでみる。
ストレートと比較すると、各種ボタニカルのフレーバーは若干弱まるものの、柑橘系のフレーバーが感じられ、ジュニパーベリーもしっかりと感じる。氷の影響でフレーバーが弱まることとトレードオフの関係でアルコールの刺激がやわらぎ、ストレートよりも飲みやすさは増す。

続いて、ジンリッキー(ジン、ライム、ソーダ(炭酸水)で作るロングカクテル)ではなく、敢えてライム抜き、つまりソーダ割りで飲んでみる。
季の美のまろやなかな味わいに、ソーダの刺激が口の中を爽快にさせる。
ジンは元々体を冷やす酒で夏向きとも言えるかもしれないが、このソーダ割りは特に、季の美のふんわりとした香りを感じつつ、炭酸の泡で爽快感があり、割っているためゴクゴク飲めてなかなか良い飲み方である。バーなどで飲むにはもったいないようで躊躇われるが、ボトルで買ってこそ、気兼ねなく楽しめる飲み方である。

続いて、ジントニック(ジン、トニックウォーター、ライムで作るロングカクテル)で飲んでみる。
季の美の香りを楽しみたいので、敢えて、ライムを入れずに、つまりトニックウォーター割りで飲んでみる。
トニックウォーターのほのかな苦味と若干の甘さが相まってなかなか旨いのだが、敢えてこの「季の美」で作る必然性があるとは思えない。まあ、私の作り方に問題があるのかもしれないが。とは言え、やはり定番の飲み方だけあって、良い飲み方だとは思う。

ソーダ割りにしてもそうだが、ジントニックのようなシンプルなカクテルは、作る人の技量によって、味わいがだいぶ違う。本来はベルモットを買ってマティーニを作りたいものだが、私のような素人がジンを自宅で飲む場合、特に「季の美」のような香り豊かなジンは、やはりストレートで飲むのがベストかもしれない。だが、ゴクゴク飲みたいときには、ソーダ割りやトニック割りも良い飲み方であろう。

まあ、私は酒であれば大概好きなので、私の酒の感想は当てにならないが(笑)。

つまみはドライフルーツ、ミックスナッツなど。
このジン自体が旨いので、シンプルなつまみで十分である。

ストレート、ロック、ジンリッキー、ジントニック、飲み方によって様々な楽しみ方ができるのが、蒸留酒の良いところ。
本来ならベルモットとオリーブでも購入してマティーニと洒落込みたいところだが、マティーニをそれなりのクオリティで作る自信はないので、今回はやめておく。
カクテル用のシェーカーも持ってないので、現状、ギムレットも作成不可(プロテイン用のシェーカーはあるが、それでギムレットを作る勇気はない)。
とはいえ、「季の美」に関しては、その香りと味わいから、ストレートで十分旨いジンである。

京都という千年を超える歴史のある街で、ジンという日本独自の酒ではない蒸留酒を、イギリス人の方がロンドンドライジンの製法で作っている。その主原料は、ジンの主原料の主流である小麦や大麦、トウモロコシではなく、米を使用しているというのも、また面白い。

強い酒ゆえ、少しずつ飲んでおり、現在も少しずつ飲んでいる。
正直、この酒に関しては凝ったつまみはいらない。
残りも少しずつ、じっくり飲んでいこうと思う。

「季の美(KI NO BI)」、旨かった

******************************
「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」に参加しております。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
******************************
posted by 太田 泰男 at 10:43| とある日の家酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

とある日の家酒「フレシネ セミセコ ロゼ 中瓶(Freixenet Cordon Rosado 375ml)」

とある日の家酒。
先日、とある日に飲んだのは「フレシネ セミセコ ロゼ 中瓶(Freixenet Cordon Rosado 375ml)」。
20170724055616194.jpg

20170724055631111.jpg

20170724055649616.jpg

20170724055702407.jpg

「フレシネ」はスペイン・カタルーニャ州バルセロナ県サン・サドゥルニ・ダノイアに拠点を置くカヴァ(スパークリングワイン)の生産者。フレシネという名称は、フェラー家が13世紀からアルト・ペネデス地域に所有している農場、ラ・フレシネーダ(La Freixenada)に由来し、ラ・フレシネーダとは「トネリコの木」という意味を持つそうだ

カヴァはスペインで製造される瓶内二次発酵(いわゆるシャンパーニュ製法)のスパークリングワインである。

スパークリングワインを飲むのは好きだが知識はほとんどない。だが、フレシネのボトルの中でもメインとも言える「フレシネ コルドン・ネグロ」はスーパーやコンビニなどでも売られている製品であり、私も馴染みがある銘柄である。
カヴァはシャンパーニュと比べて遥かにリーズナブルだが、特にこの「フレシネ コルドン・ネグロ」は買い易い価格である。
今回購入した「フレシネ セミセコ ロゼ」は初めて飲む製品であり、ボトルで購入するのも勿論初めてである。

この酒の色はまさにロゼ色。
葡萄のフルーティな香りを感じる。
飲んでみると、豊潤ながらも辛口で、食前酒にも適しており、勿論、単体で飲んでもいい感じである。
何より、スパークリングワイン、特にシャンパンやスプマンテ、カヴァは、幸せな気分になる飲み物である。
旨い。

まあ、私は酒であれば大概好きなので、私の酒の感想は当てにならないが(笑)。

つまみは、市販の豆腐(オリーブオイル付き)や、チーズ、生ハム、サラミなど。
程よいつまみで良い家酒であった。

ハーフボトルということもあり、この日はあっという間に完飲してしまった。

「フレシネ セミセコ ロゼ 中瓶(Freixenet Cordon Rosado 375ml)」、旨かった。

******************************
「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」に参加しております。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
******************************
posted by 太田 泰男 at 05:57 | TrackBack(0) | とある日の家酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

とある日の家酒「キャプテンモルガン ブラックスパイスド (Captain Morgan Black Spiced)(700ml)」

とある日の家酒。
とある日に飲んだのは「キャプテンモルガン ブラックスパイスド (Captain Morgan Black Spiced)」。
スパイスが効いたブラック(ダーク)ラムである。
20170715061352125.jpg

20170715061407221.jpg

20170715062150182.jpg

20170715062205733.jpg

20170715062217581.jpg

「キャプテンモルガン」と言えば、イギリスのディアジオという会社が販売する、様々な香辛料のフレーバーを加えたスパイストラムの有名な銘柄である。
ちなみに、日本での販売元はキリンである。
ラインアップも豊富で、ゴールドラムにバニラやアプリコットのフレーバーを加えた定番の「スパイスト」、「プライベートストック」、ダークラムの「ブラック」、ホワイトラムの「ホワイト」、「タトゥー」などなど。

「キャプテンモルガン」というラム酒の存在は、酒屋などに行けば自然と目にしており、よく知っていた。
値段も比較的リーズナブルであり、酒好きの私としては、とりあえず飲んでみたい銘柄であった。

先日、六本木ヒルズ付近を自転車で通る機会があったので、六本木ヒルズのウエストウォークレベルの一階にある「六本木 鈴酒」に寄ったのだが、「キャプテンモルガン」の様々な種類が売られており、迷いながらも、この「ブラックスパイスド」を1700円(税抜き)で購入した。
先日購入した「クラーケン ブラックスパイスドラム(KRAKEN BLACK SPICED RUM)」(http://yasuo2.seesaa.net/article/450490269.html)がまだ残っており、味の比較をしてみたかったことが、購入決定の決め手にもなった。

まずはストレートで飲んでみる。
グラスに注いでみると、そのビジュアルは、その名の通りほぼ黒色。
20170715062238380.jpg

鼻をグラスに近付けてみると、バニラの甘い香りの中に、シナモンと思われる香りを感じる。
アルコールの刺激臭もわずかに感じるが、アルコール度数40%としては妥当なレベルである。
飲んでみる。
口当たりはとてもまろやかで甘く、バニラの香りを最も感じ、それにシナモンが加わる。
口中に滞在させると、バニラ、シナモンのフレーバーを中心に、複雑なスパイスを感じる。アルコール由来の刺激はそれほど感じず、飲み干した際の刺激も、アルコール度数40%とは思えないくらい穏やかである。
旨い!バランスがよく飲み易いブラックスパイスドラムである。

少しだけ残っていた「クラーケン ブラック スパイスド ラム」と飲み比べてみる。
20170715062411179.jpg

クラーケンの方が、香りに関しては、シャープに甘い。
つまり、クラーケンの方が、私的にはバニラが立っており、その上でアルコール度数も47%と高めで、キレがある甘い香りとも言おうか。
口当たりは双方ともまろやかだが、口中に滞在させると、アルコールの度数の分、「キャプテンモルガン ブラックスパイスド」の方がまろやかで、「クラーケン ブラック スパイスド ラム」の方が、アルコールの刺激を感じる。

味わいは、シナモンの分、「キャプテンモルガン ブラックスパイスド」の方が夏を感じる。
あくまで私の感覚であるが、元々ラムは夏に合う酒であるが、この2つのブラックスパイスドラムを比較した結果、より夏に合うのは「キャプテンモルガン ブラックスパイスド」だと思う。

だらだらと比較の文章を並べてきたが、この2銘柄の違いは、アルコール度数も勿論だが、シナモンの香り強さの有無が分かりやすいと思う。
バニラにシナモンが加わるのが「キャプテンモルガン ブラックスパイスド」で、バニラが強いのが「クラーケン ブラック スパイスド ラム」である。勿論、それ以外の複雑なフレーバーも感じるのだが、簡潔化するとそんなところであろうか。
まあ、クラーケンは口開け後時間が経過しているので、口開け後の同一コンディションでの比較ではないが。。

「クラーケン」との比較は以上までとし、続いて、ロックで飲んでみる。

香りは、ストレートと比較して更にまろやかになり、バニラとシナモンが立っている。
飲んでみる。
甘味に加えて、スパイスのほのかな刺激が素晴らしく、氷で冷やされたことにより、夏のこの季節によりマッチしている。
ストレートと比較して、不思議とスパイスの香りの感じ方はそれほど弱ままらず、この酒の飲み方としては、個人的な好みとして、ストレートよりも旨い。というか、この酒に関しては、ロックが個人的に一番好きな飲み方である。

「クラーケン ブラックスパイスドラム」の記事でも書いたが、以前、バーのラム好きのバーテンダーの方が言っていたが、ラムに関してはロックがオススメと言っていた。
私がこの「キャプテンモルガン ブラックスパイスド」を購入して最初に飲んだのは7月中旬に差し掛かる頃であったが、真夏に差し掛かる東京の蒸し暑さは亜熱帯のようであり、中米がルーツのこのラム酒には、ロックがベストマッチである。

個人的にはこの時点でロックがベストだと思ったのだが、一応ソーダ割りでも飲んでみる。
ストレートやロックに比べて、アルコールの刺激臭はなくなり、それに伴いスパイスの香りも若干削がれる。甘味とスパイスの複雑な味わいも当然弱くなるが、バニラとシナモンのメインフレーバーは感じられ、ゴクゴクと飲めるので、お酒の弱い方や、喉の渇きを潤したい場合にはいいかもしれない。

あくまで私的には、喉の渇きを潤す場合には他の酒でも良いので、せっかくの「キャプテンモルガン ブラックスパイスド」だから、そのスパイスの香りと味わいをしっかりと感じられるストレートかロックが好みである。
特に夏場はロックがご機嫌である!!!

まあ、私は酒であれば大概好きなので、私の酒の感想は当てにならないが(笑)。

この日のつまみは、市販のトマト鍋の元を使用して作ったトマト鍋と、市販のドライソーセージ。
酒自体が旨いので、どれも程よいつまみである。

この日は飲み比べの「クラーケン」と合わせて、180ml近く飲んで終了。飲みやすいし、旨いし、飲むごとに楽しくなってしまい、予定より飲み過ぎてしまった。
夏のラムは、ある意味怖い酒である(笑)。

現在も少しずつ飲んで楽しんでいる。
あっという間に無くなってしまいそうだが、値段がリーズナブルなので、また買い易い。
可能であれば、常備しておきたいと思う酒の1つであるし、「キャプテンモルガン」の他のラインアップも買って飲んでみたい。

「キャプテンモルガン ブラックスパイスド (Captain Morgan Black Spiced)」、旨かった。

******************************
「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」に参加しております。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
******************************
posted by 太田 泰男 at 06:20 | TrackBack(0) | とある日の家酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする