2017年07月20日

無双 三軒茶屋店@三軒茶屋

東急田園都市線は三軒茶屋駅が最寄りのラーメン屋さん「無双 三軒茶屋店」。
(「無双 三軒茶屋店@三軒茶屋」の地図、電話番号等の詳細情報はこちら⇒http://yasuo2data.seesaa.net/article/451900996.html

先日、平日の夜、20時頃に2度目の訪問。
当ブログの記事にするのは初めてである。

店の外観、雰囲気から、おそらくチェーン展開しているラーメン屋さんなのだろうとは想像が付く。
後から調べたところ、株式会社エイ・ダイニングという会社が展開するラーメンチェーンで、「北海道らーめん 味源」などのラーメンチェーンも展開している会社らしい。
更に言えば、どうやら牛丼チェーンの「すき家」でお馴染みのゼンショーグループであるようで、「らーめん幻」から店名変更して現在に至るようだ。

この時は、職場の同僚と2人で訪問。
店内の席構成は、カウンターのみで20席弱くらいであろうか。
この時の訪問時は、確か店員が二人。
先客1名、後客1名であった。

こちらは券売機で食券を買うシステム。
こちらは味噌ラーメンが主なメニューであるが、その中でも基本の「濃厚味噌らーめん」の食券を購入。

店員に食券を渡す際に、こちらは麺の大盛も並と同料金とのことだったので、大盛でお願いした。

少し待って、注文の「濃厚味噌らーめん 大盛」が到着。
20170720070043605.jpg

少し寄った写真。
20170720110620866.jpg

スープは、茶濁した濃厚そうな味噌ベースのスープ。
飲んでみると、「濃厚」という冠の味噌ラーメンに慣れたせいか、やや濃厚といった感じの味噌スープである。やや札幌の「純すみ系」を意識しているような気もする。
まあ普通に旨い。

麺は中太の縮れ麺。
黄色いビジュアルといい、札幌の味噌ラーメンぽい。
麺をすすってみると、弾力があるプリプリの麺が、味噌スープをしっかり持ち上げ、旨い。

具はチャーシュー、メンマ、もやし、葱。
チャーシューの上に生姜があしらわれている。

少し食べたところで、卓上の調味料を使用して味変を試みる。
ニンニクチップとラー油を投入すると、よりジャンクなシフトとなり、これはこれでありである。

あっという間に麺と具を完食。
旨かった。
比較的遅い時間まで営業しているし、それほど混雑していないので、気楽にそこそこのクオリティのある味噌ラーメンを食べたい時には良い店だと思う。

職場からも近いし、機会があればまた来たい。

御馳走様でした。

******************************
「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」に参加しております。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
******************************
posted by 太田 泰男 at 07:01 | TrackBack(0) | 飲食(ラーメン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

香氣 四川麺条 学芸大学店@学芸大学

東急東横線は学芸大学駅が最寄りの担々麺のお店「香氣 四川麺条 学芸大学店」。
20170707173056323.jpg

(「香氣 四川麺条 学芸大学店@学芸大学」の地図、電話番号等の詳細情報はこちら⇒http://yasuo2data.seesaa.net/article/451589990.html

先日、学芸大学駅付近のお店で酒を飲んだ後、深夜2時頃にこちらへ初訪問した。

そもそもこちらの店の存在はこの日初めて知った。
後で調べてみると、こちら「香氣 四川麺条」は複数の店舗展開をしているようだ。

さて、店内へ入るとカウンターのみ8席ほどと小さなお店である。
私の訪問時の店員は男性1人である。
先客は5人であり、後客もやってきて、平日の深夜2時なのにも関わらず、大盛況である。

こちらは券売機で食券を購入するシステム。
メニューは、以下の写真のメニュー表の通りで、色々と選択肢がありなかなか迷う。
20170707173212732.jpg

初訪問ということもあり、メニュー表の一番左上に載っており、基本メニューである担担麺(740円)と、大盛(100円)の食券を購入。

以下の写真の通り、つけ麺以外は麺を選択出来る。
20170707173230162.jpg

私は、担担麺にはおすすめという「中細ちぢれ」を選択。

卓上には花椒、青山椒、香味酢、ラー油などの豊富な調味料が並ぶ。
20170707173250649.jpg

卓上調味料についても説明の貼り紙がカウンターの席側に貼られていた。
20170707173308024.jpg

やがて、注文の「担担麺(大盛)」が到着。
20170707173324632.jpg

少し寄った写真。
20170707173354256.jpg

スープはドロッとした、芝麻醤にラー油で辛みを付加したタイプの担々麺。
スープを飲んでみると、まず、胡麻の風味が香りまろやかな芝麻醤のコクとほのかな甘味を感じる。ラー油の辛みは控えめだが、その後、花椒由来の痺れがやってくる。
芝麻醤タイプの担々麺にしては花椒の痺れが比較的しっかり効いているのが珍しい。

スープは中細の縮れ麺。
麺をすすると、縮れ麺が芝麻醤タイプのスープをよく持ち上げて、なかなか旨い。
胡麻の風味とコク、ほのかな甘味がまず口中に広がり、その後、控え目ながらもラー油の辛みがやってきて、最後に花椒由来の痺れが舌に広がる。

具は味付けされ砕いたピーナッツが入ったひき肉、パクチー、葱、もやし、糸唐辛子。
ひき肉は担々麺定番の具であり、良いアクセントである。

あっという間に麺を完食。
旨い担々麺であった。
〆にライスを注文しようかとも思ったが、麺を大盛にしていたこともあり自重した。

学芸大学駅付近にはそれほど頻繁に来ることはないが、付近に来たら、旨かったのでまた来たい。
今日食べたメニュー以外のものも食べてみたい。

御馳走様でした。

******************************
「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」に参加しております。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
******************************
posted by 太田 泰男 at 06:22 | TrackBack(0) | 飲食(ラーメン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

つけ麺 竹川@三軒茶屋

東急田園都市線は三軒茶屋駅が最寄りのつけ麺がメインのラーメン屋さん「つけ麺 竹川」。
国道246号線に面したお店である。
20170620195601294.jpg

(「つけ麺 竹川@三軒茶屋」の地図、電話番号等の詳細情報はこちら⇒http://yasuo2data.seesaa.net/article/451047818.html

こちらの存在はつい最近知った。
現在の私の住まいからも近く、行きたいと思っており、先日、平日の夜20時過ぎに初訪問した。

内装は木目調のカウンターと床に、緑の壁。
席構成は厨房側のカウンター5席、反対側の窓側のカウンター2席の計7席と少ない。
と言っても、店員は男性店主1人のみであり、1人で営業するには丁度良い席数かもしれない。
先客は2人おり、私の滞在中の後客は2人であった。

こちらは、入口入ってすぐの場所にある券売機で食券を買うシステム。

メニューは基本の「無添加つけ麺」に、「特製」「味玉」のトッピングがあり、「担々つけ麺」など、その他のメニューも色々とあった。
どれも、麺量は並(150g)、中盛(200g)、大盛(250g)から同料金で選べる。さらに有料で麺増しもできるようだ。

私は基本メニューの「無添加つけ麺」に味玉がトッピングされた「味玉つけ麺」(1000円)の食券を購入。
空いているカウンター席に着席しつつ、店主に食券を渡して、麺量は大盛(250g)をお願いした。

卓上調味料は豊富で、酢、黒七味、一味、黒胡椒、塩、レモン果汁、刻み玉ねぎ、柚子フレーク、カレーペーストといったラインアップ。
これらの調味料は、つけ麺やラーメンにかけるだけでなく、こちらの特徴でもある、デフォルトで麺の上にトッピングされる有機野菜につけて食べることも想定されているようだ。
20170620195647465.jpg

20170620195628465.jpg

やがて注文の「味玉つけ麺」が到着。
20170620195659857.jpg

麺。
20170620195714947.jpg

つけ汁。
20170620195727952.jpg

麺の上の色とりどりの有機野菜が目にも鮮やかである。

麺は中太のストレート麺。
麺のみ食べてみると、冷水でしつかりしめられており、コシがあり、小麦の味も感じて、旨い。

つけ汁は薄褐色で、濃度が濃く粘度が高めの鶏白湯。
このつけ汁に上述の麺をつけて食べると、鶏の風味と旨味がたっぷりのドロッとしたつけ汁がしっかりと持ち上げられ、口中で麺の味わいと相まって、とても旨い!

具は麺の上に様々な有機野菜(人参、赤大根、大根、サツマイモ、インゲン、きゅうり、トマト、チンゲンサイ)と、味玉、つけ汁の中には鶏チャーシュー、鶏団子、メンマが入り、上には鰹のけずり節が乗せられていた。
鶏チャーシューはゴロッとした1.5〜2p角の塊で、歯応えがありなかなか旨い。鶏団子も旨い。味玉は黄身が流れ出ない程度の半熟で味付けもなかなか。
有機野菜だが、野菜単体で食べれば旨いのだろうが、麺の上に乗っているのが多少食べにくく、つけ麺としての一体感を損なっている感が否めない。
可能であれば、有機野菜を別皿で提供してもらうか、そうでなければ、カウンター上に小皿でも置いてもらえれば、豊富な卓上トッピングも使いやすいのだが。。

とにかく、つけ汁と麺が旨いので、どんどん食べ進んでいく。
つけ汁の持ち上げが良いため、終盤はつけ汁がなくなりそうになったが、なんとかつけ汁を保ちつつ、完食。
とても旨かった!ちなみに、100円で追加のつけ汁を注文できるようである。

ほんの少しだけ残ったつけ汁も、カウンターの上に置いてあるポットに入った割りスープでスープ割りにして完飲。
麺、つけ汁、鶏チャーシュー、鶏団子とレベルの高い、濃厚鶏白湯つけ麺であった。
有機野菜もつけ麺としての一体感こそ損なうが、有機野菜自体はしっかりと旨かった。是非、別皿で提供して欲しいなあ。

とにかく旨かったし、現在の住まいからも近いので、また来たい。
他のメニューも食べてみたい。

御馳走様でした。

******************************
「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」に参加しております。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
******************************
posted by 太田 泰男 at 09:19 | TrackBack(0) | 飲食(ラーメン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする