2018年05月22日

第八たから丸@亀有

東京都葛飾区亀有にある立ち飲み居酒屋「第八たから丸」。
JR常磐線各駅停車の亀有駅北口から歩いて数分の場所にあるお店である。
20180521145021352.jpg

(「第八たから丸@亀有」の地図、電話番号等の詳細情報はこちら⇒http://yasuo2data.seesaa.net/article/459429463.html

こちらは、2012年にオープンしたお店で、おそらく今から5年ほど前に1度訪問していたことを思い出した。
先日、亀有付近に行く機会があり、かなり久しぶりに2度目の訪問を果たした。
このブログを始めてからは初訪問となる。

訪問したのは平日17時半過ぎ。
1人での訪問である。
先客はゼロであった。
私が訪問した時は、店員は店主と店員の計2人。
店内はオール立ち飲みカウンターであり、つめれば全部で30人ほど収容できるであろうか?
店員の方に、メインカウンターの入ってすぐの場所へ案内された。


<注文システム>
口頭で注文しまとめて後会計。


≪注文したもの≫
「シャリキンホッピー(白)」(500円)
「ポテトサラダ」(300円)
「ホウボウ刺し」(590円)
「あらびきソーセージ」(490円)
「焼酎ハイボール」(390円)
「塩昆布キュウリ」(300円)
「骨せんべい」(300円)
「赤霧島(ロック)」(680円)


料理メニューは、魚介系のメニュー中心にレギュラーメニューが色々と壁に貼られている。
黒板には当日のおすすめメニューが書かれている。
焼酎や日本酒のおすすめも黒板に書かれている。

まずは飲み物の注文に着手。
飲み物のメニューはカウンターの前に置かれいる。
ふと、「シャリキンホッピー」の文字が飛び込んで来たので、思わず注文。
白か黒かを聞かれので、とりあえず白でお願いした。

ほどなく「シャリキンホッピー(白)」が到着。
ジョッキにシャリキン(キンミヤ焼酎のシャーベット)が入っており、ホッピーの瓶とともに提供される。
以下の写真は、ジョッキにホッピーを入れた状態。
20180521145041329.jpg

シャリキンが思った以上に溶けないので、暑い中飲むのには良いであろう。
ただ、この日はそれほど暑くなかったので、シャリキンが溶けずにホッピーの液だけどんどん飲んでしまうことになったが。

到着に合わせて、料理も注文する。
レギュラーメニューの「ポテトサラダ」、黒板のおすすめメニューから「ホウボウ刺し」、「あらびきソーセージ」を注文。

まず「ポテトサラダ」が到着。
20180521145056525.jpg

「ポテトサラダ」をあてに、シャリキンホッピーを飲む。
シャリキンがなかなか溶けないので、結果的にホッピーの外(ホッピー自体)がどんどんなくなっていく。

私の案内されたカウンターの前で、店主の方が「ホウボウ刺し」の切り身を切っていくのが見える。
刺し場の前だったようで、調理を見ながら酒を飲めるのはオツである。

やがて、「ホウボウ刺し」が到着。
20180521145122425.jpg

さっぱりしていて、なかなかいいつまみである。

それから少しして「あらびきソーセージ」が到着。
20180521145141743.jpg

思っていたよりもかなり太い。
これは、焼き上げるのに時間がかかるわけだ。
皮がパリッとしていて、ジューシーで食べ応えがあり、旨い。
ホッピーによく合う!

料理がここまで出揃った時点でも、店内の客は変わらず私1人である。
店員の人も奥で仕込みのようなことをしており、広々としている。

私の陣取ったカウンターの斜め後ろにはテレビが設置されており、ちょうど夕方のニュースが映っている。
提供された料理と、夕方のニュースと、店内の景色を肴に、ようやく溶けてきたシャリキンホッピーを飲む。
幸せな時間である。

やがて、シャリキンホッピーが、なくなったので、「焼酎ハイボール」を注文。
(写真は少し飲んだ後)
20180522124743014.jpg

最初に注文した料理もあらかた平らげたので、合わせて料理も追加することにした。
色々と迷ったが、「塩昆布キュウリ」と「骨せんべい」をちゅうもん。

まず「骨せんべい」が到着。
20180522124757452.jpg

思っていたよりもデカくて大量に来た。
香ばしくて歯応えもよく、食べ応えもある。
旨いし、カルシウムも補給出来るし、一石二鳥である。

ほどなく「塩昆布キュウリ」が到着。
20180522124806987.jpg

キュウリに切れ目を入れて潰してカットしたものに、胡麻油と塩昆布を和えたもの。
胡麻油と塩昆布は鉄板の組み合わせ。
いいつまみである。

「骨せんべい」が思ってた以上に「焼酎ハイボール」をすすませる。
「焼酎ハイボール」を飲み干したが、まだ少し「塩昆布キュウリ」が残っていたので、もう1杯酒を頼もうと思う。

黒板に書かれていた「赤霧島」をロックで注文した。
(写真は失念)

「赤霧島」は久々に飲んだが、すっきりとしてキレがありつつ、芋の風味もまろやかで、旨い。
このあたり、後客が1人、2人と続けざまにやって来た。
時刻を見ると、18時20分頃。
平日はこのくらいの時間からお客が増え始めるのかもしれない。

「赤霧島」を飲み干し、「塩昆布キュウリ」も全部食べ、この日はこれで終了。
会計してもらって店を出る。

もう1軒くらい、亀有付近でハシゴしようと思っていたのだが、ついつい酒が進み、当初の想定より多く飲んでしまった。
だが、他にも食べたい料理があり、お客が増えて来なければ、もう少しこちらで酒を飲んでいたかったのも事実。
立ち飲み居酒屋としては金額の安いお店ではないが、今日食べた料理はどれもなかなか旨く、安心して使えるお店であろう。
店の前の立て看板に「立ち飲み初心者歓迎」と書いてあるくらいであり、立ち飲み初心者でも入りやすく、1人でも比較的入りやすい店であろう。
基本日曜は定休日だが、土曜日、祝日のみならず、平日でも15時から営業しているので、ハシゴ酒の1軒目にも使うにも良いお店だと思う。

亀有付近は色々と行きたいお店があるが、こちらも付近に来たら行きたいお店のひとつである。
是非また来たい。

御馳走様でした。

******************************
「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」に参加しております。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
******************************
posted by 太田 泰男 at 12:11| 飲食(居酒屋・バー・ワインバー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

にしんば@下北沢 その2

下北沢の居酒屋「にしんば」。
下北沢駅の南口から京王井の頭線のガード下をくぐり本多劇場の前を通過して少し行った場所にあるお店である。
20180416095059595.jpg

20180416095040000.jpg

(「にしんば@下北沢」の地図、電話番号等の詳細情報はこちら⇒http://yasuo2data.seesaa.net/article/458568742.html

先日、職場の同僚と訪問。
この日はこちらへ訪問する前に、「都夏 本店@下北沢」(http://yasuo2.seesaa.net/article/458808241.html)で数杯飲んだ後、二軒目としての訪問であった。
前回の訪問(http://yasuo2.seesaa.net/article/458624165.html)では、やはり二軒目としての利用であり、それほど思いっきり飲み食いできなかった。
この日も二軒目であるが、前回よりも余力を残しての訪問であり、思いっきり飲み食いしようと思ってやって来たわけである。

時刻は17時過ぎ。
店内へ入ると、混雑しており、数席分空席があった。
だが、どうやら19時から予約が入っているとのことで、それまでで良ければ入れるとのこと。
やはり人気店である。
二軒目としては十分な時間があるが、時間制限があると、やはり思い切って飲み食いはできない。
とはいえ、せっかく入れそうなので、19時までということで店に入る。

早速、酒を注文する。
二軒目ということもあり、初っ端から日本酒。
前回もこちらで飲んだと思うが、青森の酒「田酒」を注文。
20180416095119711.jpg

旨い。

料理もいくつか注文する。
まず目についたのは「生かき」。
陸前高田産と有明海産の2種類あるとのことで、それぞれ注文。
また、「イカわたのマヨ和え」、「新玉ねぎの蒸し」、「ヒラメの肝」を注文。

まずお通しが来た。
お通しは「生シラス奴」。
20180416095133970.jpg

豆腐の上に味付けされた生シラスが乗ったもので、これが旨い。
お通しからこのクオリティ。やはりこちらの料理は旨い。

やがて、「イカわたのマヨ和え」が到着。
20180416095148310.jpg

こいつも旨い。
酒が進むつまみである。

「生かき」が到着。確か、左が陸前高田産、右が有明海産。
20180416144325924.jpg

旨い。よく冷えていて、身がしまっており、肉厚。
正直、1軒目の店で食べたものより旨いと感じた。

「ヒラメの肝」も到着。
20180416144337158.jpg

あん肝と比べると、ややあっさりした感じであるが、もみじおろしとの相性がよく、旨い。
こいつも酒が進むつまみである。

「新玉ねぎの蒸し」も到着。
20180416144348677.jpg

これは、自宅でも似たようなものを作ったことがある。
蒸すことにより、新玉ねぎの甘さが引き出され、旨い。

酒が進むので日本酒を追加した。
銘柄は失念したが。。

どの料理も旨いので、どんどん食べ進んでしまう。

話の中で、同行者が「酒盗」を食べたことがないと言っていたので、「酒盗」を追加注文。
20180416144402512.jpg

間違いない。こいつも酒が進む。

料理もあらかたなくなり、酒もほぼ空いた。
さらに日本酒を追加しようかと思ったが、もうすぐ約束の時間が迫っていたので、この日はここで終了。
もっと食べたり飲んだりしたかったし、やや不完全燃焼だったが、それがまた来たい思いをかきたてる。

前回訪問時も思ったが、やはりここは酒の品揃えも良く、料理も旨い!
料理は酒飲みの心をくすぐるものが多く、酒をどんどん飲まされる。

下北沢は最近なかなか来れないが、こちらには是非ともまた来たい。

御馳走様でした。

※「にしんば@下北沢」の以前の記事はこちらから
http://yasuo2.seesaa.net/article/458624165.html

******************************
「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」に参加しております。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
******************************
posted by 太田 泰男 at 14:42| 飲食(居酒屋・バー・ワインバー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

都夏(つげ) 本店@下北沢

下北沢の居酒屋「都夏(つげ) 本店」。
下北沢駅南口を出て南へ行き、餃子の王将を通り過ぎて、代沢三差路の手前にあるお店である。

(「都夏(つげ) 本店@下北沢」の地図、電話番号等の詳細情報はこちら⇒http://yasuo2data.seesaa.net/article/458569138.html

こちらは、「かき小屋」や「Oyster Bar ジャックポット」などの居酒屋を経営する株式会社ジャックポットプランニングの系列居酒屋。
「都夏」という店舗名では、こちら下北沢以外に溝の口にもあるようだ。
また、下北沢には、ジャックポットプランニングの系列店としては、「Oyster Bar ジャックポット」が付近にあることを知っている(未訪だが)。
イタリアン系店舗の「ラ・ベファーナ」という店も下北沢にあるようだ。

こちらの存在は以前から知っており、下北沢で過去に飲む際に入ろうかと思ったことが何度もあった。
だが、ぱっと見て混んでいたりして、入ることがなかった。
今回初めての訪問となった。

訪問したのは少し前の日曜日の午後、15時頃。
職場の同僚と休みがかぶった日曜日に、早いうちから飲もうと下北沢に来て、1件目にこちらをチョイスした。

15時頃という中途半端な時間もあってか、店は4〜5割ほどの客入り。
席と席の間隔は元々そこそこ広く、客数が多くても問題ないのだろうが、客入りが多くない方が広々と使える気がして、私的には気持ち良い。

まずは、「生ビール」を注文。
こちらの生ビールはプレミアムモルツである。
20180414182909628.jpg

乾杯してから、料理の発注に取り掛かる。
炭を使った焼き物系のメニューは、夕方17時だったか17時半以降から受け付けるとのことであり、それ以外のメニューを考える。

同行者と色々と思案した結果、「馬刺し」「岩手県産生かき まことかき」「山芋の千切り 梅正油で」「焼きウニぎり」を注文。

「馬刺し」が到着。
20180414182929647.jpg

臭みがなく、赤身肉の食感が良く、旨い。

「生カキ 岩手県産生かき まことかき」が津着。
20180414182949828.jpg

臭みやえぐみがなく旨い。

「山芋の千切り 梅正油で」が到着。
20180414183005150.jpg

山芋の千切りは好きだが、梅正油は個人的にはあまり好みではない。

同行者と色々としゃべりつつ、ビールを飲み、つまみを食べていく。
1人で飲食店に行くのが好きな私であるが、居酒屋でしゃべりながら飲んで食べるのも、やはり楽しいものである。

やがて「焼きウニぎり」が到着。
20180414183018569.jpg

「ウニぎり」というと、「開陽亭 すすきの2号店@すすきの(札幌市)」(http://yasuo2.seesaa.net/article/434911330.html)で食べたものを思い出す。
すすきので食べた方は焼いてないおにぎりにウニが乗せられたものだが、こちら「都夏」の方は焼きおにぎりの上にウニが乗せられたもの。
ウニの量はそれほど多くないが、香ばしくて、味付けが良く、こいつは旨い。

プレミアムモルツが空いたので、生ビールをもう一杯。
今度は「武蔵野地ビール ブルワーズブルーアルト」を注文。
20180415110942160.jpg

これ、サントリーの武蔵野工場内のミニブルワリーで造られている限定醸造のビールとのこと。
旨い。

つまみがあらかた無くなったため、追加で、「レンコンの海老すり身はさみ揚げ」と「大粒カキフライ タルタルソース」を注文。

やがて「レンコンの海老すり身はさみ揚げ」が到着。
20180415111004950.jpg

レンコンのホクッとサクッとした食感が良く、挟まれたすり身がふわふわで、味付けもよく旨い。

「大粒カキフライ タルタルソース」が到着。
20180415111028715.jpg

カキフライにタルタルソース。
そりゃ旨い。

ビールが空いたので、日本酒を飲む。
長野の酒「美寿々(みすず) 無濾過純米吟醸」をグラスで注文。
20180415111043757.jpg

すっきりしており、食中酒としては良い。

同行者と下らない話をしながら飲んで食っているうちに、いつの間にか時刻は17時をまわっていた。
他にも食べたいものがあるにはあったが、せっかくなので別の店へハシゴしようと、この日のこの店は以上で終了。
炭を使った焼き物系メニューは食べることが出来なかったが、この日食べたものはなかなか良くて、居酒屋として十分楽しめた。

月曜〜土曜は17時〜23時の営業と、決して営業時間は長くないが、この日のように日曜日は昼12時〜23時までの営業と、使い勝手が良い。
下北沢で飲む時には、こちらは行く店の候補であるし、下北沢で日曜日に昼からハシゴして酒を飲みたい場合、その1軒目にはもってこいである。

また来たい。

御馳走様でした。

******************************
「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」に参加しております。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
******************************
posted by 太田 泰男 at 11:08| 飲食(居酒屋・バー・ワインバー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする