2017年07月06日

デュバリー(du-Barry)@池尻大橋

東急田園都市線は池尻大橋駅が最寄りのビストロ「デュバリー(du-Barry)」。

(「デュバリー(du-Barry)」の地図、電話番号等の詳細情報はこちら⇒http://yasuo2data.seesaa.net/article/451089574.html

こちらは、つい最近、池尻大橋駅付近に住むようになって、その存在を知った。
現在の私の住まいに近く、評判が良いので、訪問してみたいと思っていた。

先日、仕事が休みの日に向けて、2日前に予約したところ席が取れたので、平日のランチタイムに1人で訪問。

店内は木目調のテーブルと床に、白い壁と清潔感のある店内。
席数はテーブル席のみで、30席くらいであろうか。

厨房はオープンキッチンで、2人の料理人が料理を作っている。
サービスは男性のソムリエと女性サービスの計2人。
主に男性の方が私のサービスを担当していたが、物腰柔らかで、にこやかで感じが良い。女性のサービスの方もやはり感じが良かった。
店の雰囲気はカジュアルで、とてもリラックスできる感じである。

さて、ランチタイムのメニューはプリフィクスコースが以下の4種類用意されている。

Menu A(1300円)(内容:本日のスープ、メインディッシュ、自家製パン、コーヒーまたは紅茶)

Menu B(1700円)(内容:オードブル、メインディッシュ、自家製パン、コーヒーまたは紅茶)

Menu C(2100円)(内容:オードブル、今日のスープ、メインディッシュ、自家製パン、コーヒーまたは紅茶)

Menu SP(2800円)(内容:オードブル、お魚料理、メインディッシュ、自家製パン、コーヒーまたは紅茶)

以上の内容に加え、それぞれのコースには、プラス300円でデザートを付けることができる。

オードブル(前菜)とメインディッシュ、そしてデザートにいくつか選択肢があり、その中から好みのものを選ぶ形である。

少し迷った末に、私は「Menu C」を選択。

オードブル(前菜)は「低農薬 10種のお野菜と海老、コンソメジュレのシンプルなテリーヌ」、メインは「放牧牛ロースのポワレ 赤ワイン、レフォールのソース」をチョイス。
また、料理に合わせてグラスでワインもお願いした。

まずは前菜に合わせた白ワインが提供された。
北海道の蘭越町のワイナリーである松原農園にてミュラー・トゥルガウという葡萄品種を使って造られたワインだそうだ。
20170706060049311.jpg

「自家製パン」が提供される。
20170706060103134.jpg

全粒粉だそうだ。
このパンがまず旨い。

そして、オードブル(前菜)の「低農薬 10種のお野菜と海老、コンソメジュレのシンプルなテリーヌ」が提供された。
20170707043333207.jpg

様々な野菜の彩りが目にも楽しい。
味付けもシンプルで抑え目であり、素材の味を楽しめる。
ワインとの相性も良い。

前菜を食べ終わって少しすると、2皿目の「今日のスープ」に合わせて白ワインが提供された。
20170707043344505.jpg

これも日本のワインで、江東区は清澄白河にあるフジマル醸造所にて造られた、山形産のデラウェアを使用したワインとのこと。葡萄の皮も使用されているそうで、その所以で、ほんのりオレンジ色がかったビジュアルである。
酸の刺激が極極微発泡性のようで、程よい刺激を舌に感じつつ、旨味も感じ旨い。

そしてすぐに「今日のスープ」である「カリフラワーの冷たいポタージュ」が到着。
20170707043356225.jpg

白色の冷製ポタージュは、とにかく質感が滑らか。カリフラワーの風味や味わいは感じつつ、素材の固形感は一切なく、喉ごしに引っ掛かりもない。
味付けも良く旨い。これから夏にかけて、冷製ポタージュが良く合う季節である。

ここで最初に提供されたパンを完食したので、おかわりで持って来てくれた。

「今日のスープ」を飲み干し、合わせたワインも完飲すると、次のメインの皿に合わせた赤ワインが提供された。
20170707110812358.jpg

この赤ワイン、これまた日本のワインで、山梨県は勝沼のルミエールという醸造所で造られた、日本のワインでは珍しくしっかり樽熟成したワインであるそうだ。

そして、メインの皿「放牧牛ロースのポワレ 赤ワイン、レフォールのソース」が到着。
20170707043426784.jpg

少し寄った写真。
20170707043444421.jpg

肉の上に斜に乗る存在感のある野菜は、京都の野菜で「しずむらさき」というそうだ。
放牧牛ロースには外側に火が入り、中央はロゼ色のレアに仕上げられている。
赤身肉好きの私としては、肉時自体の旨味と食感をしっかりと味わうことが出来て、シンプルであるが旨い!
ソースに使用されているレフォール(=ホースラディッシュ=西洋ワサビ)とマスタードが程よいアクセントである。

あっという間にメインの皿とワインを完食。
ここで店側から、良ろしければデザートはいかがですか、との軽いプッシュがあった。
当初はデザートはいらないと思っていたが、メインまで食べてみると甘いデザートが欲しくなり、プラス300円というお手頃さから注文することにした。

デザートも3種から選択出来て、私は「ラベンダーが薫るクレームブリュレ」を注文。
合わせて、デザートに合う酒も注文した。

ちなみに、メインを食べ終わる頃には、店内はほぼ満席。
平日のランチタイムでなのに、流石人気店である。

やがて、デザートの「ラベンダーが薫るクレームブリュレ」が到着。
20170707043506447.jpg

合わせて、やはり日本のデザートワインで、酒精強化かつワインと同品種で造った葡萄ジュースも添加したというものが提供された。
20170707043517940.jpg

更にサービスで、余市のワイン醸造所で造られた「十六夜(いざよい)」も提供してくれた。

クレームブリュレはカラメルの香ばしさと、程よい甘さのクレームが相まって、旨い。

合わせたワインも、酒精強化のものは甘口で、デザートに合わせるものとしては王道で良く合う。サービスのワイン「十六夜(いざよい)」はキレのあるワインで、デザートワインとしては定石から外れるだろうが、個人的には意外とよく合った。

食後のコーヒーは、コーヒー、紅茶、ハーブティーから選べ、私はコーヒーをチョイス。

コーヒーのお茶菓子は、フルーツが提供された。

ゆっくりコーヒーを飲みつつ、ランチの余韻に浸る。
この日いただいた料理はどれもシンプルで素材の味わいを生かしたものであり、ワインとのマッチングも相まって、どれも満足であった。
サービスも心地よく、平日ながら私的には休日であるランチタイムを、とても満足した気持ちで過ごさせてくれた。

コーヒー、お茶菓子を終えて会計をお願いすると、なんと5880円とランチタイムとは言え、思っていた以上に安かった。
思っていた以上にワインの値段が安かったようである。
コストパフォーマンスをそれほど気にするつもりはないが、それでも素晴らしいコストパフォーマンスである。

雰囲気、料理、ワイン、サービス、コストパフォーマンスどれも良く、再訪必至である。
現在の住まいからも近いし、是非また来たい。
そのうち、ディナータイムにも来てみたい。

御馳走様でした。

******************************
「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」に参加しております。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
******************************
posted by 太田 泰男 at 09:17 | TrackBack(0) | 飲食(フレンチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

onda(オンダ)@曳舟

東京墨田区は曳舟駅が最寄のフレンチのお店「onda(オンダ)」。
image.jpg

水戸街道から路地に少し入ったところに佇むお店である。
(「onda(オンダ)@曳舟」の地図、電話番号等の詳細情報はこちら⇒http://yasuo2data.seesaa.net/article/426060709.html

家から比較的近いこちらは、数年前、おそらくオープンして間も無くから知っていたが、なかなか来る機会がなかった。
この日、とある平日の雨の日のランチタイムに初訪問。
訪問直前に念のため電話したところ、時間と人数を聞かれて、一名の旨を伝えると、すんなり予約できた。

外観は上の写真の通り、とてもスタイリッシュ。
曳舟〜東向島という、下町の住宅地の中に、いきなりオシャレな建物が現れる感じである。
客席と厨房は、階段を上がって二階にある。
階段を上がって店の入口に差し掛かる頃に、店のサービスの女性の方が扉を開いて出迎えてくれた。

店内は木目調の板張りの床に白を基調とした壁といった、清潔感のある内装である。
大きな窓には障子調の引き戸がついており、和のテイストも取り入れられている。

厨房の仕切りは透明で、厨房でシェフが料理を作る様が客席からも見えるようになっている。
席数は4人掛けテーブルが2卓と、2人掛けテーブルが確か4卓。
店員は、厨房で男性のシェフが一人と、サービスは女性が一人。
夜はアラカルトが中心らしく、シェフ一人とサービス一人では、席数が多くないとはいえ、満席時は大変であろう。
夜は他にも店員がいるのかもしれない。

私が到着した時には、ママ友風の三人組が先客でいたのみ。
一人客の私は、端の2人掛けのテーブルへ通された。

こちらのランチメニューはA〜Dランチの4種類で、一品料理も数種類ある。
ランチメニューは、それぞれ「メイン」に「サラダorポタージュ」、「ライスorパン」 、「コーヒーor紅茶」が付く。
私はメインがこちらのお店で評判の「土鍋タンシチュー」であるDランチを注文。
さらに、グラスの赤ワインと「田舎風パテ」も注文した。
「サラダorポタージュ」はポタージュ、「ライスorパン」はパンを選択した。

まずはグラスの赤ワインが供された。
image.jpg

その後すぐに「田舎風パテ」と「パン」が到着。

「田舎風パテ」
image.jpg

「パン」
image.jpg

「田舎風パテ」には、ピクルスが乗せられている。
食べてみると、肉肉しくて旨い!ワインに合う。
ピクルスも旨い。

「パン」は胡麻が入ったパンとバゲット。

「田舎風パテ」を完食し、グラスの赤ワインも飲み干したので、グラスの赤ワインをもう一杯注文。

そして「ポタージュ」が提供された。
image.jpg

この日はサツマイモのポタージュ
サツマイモの甘味がいい感じで旨い。

やがてポタージュも完飲。

その後、メインの「土鍋タンシチュー」が到着。
蓋をした状態で提供されて、目の前でサービスの方が蓋を取ると、グツグツと煮立ったタンシチューが、湯気を立てて現れる。
image.jpg

見た目からしてとても旨そうだ!
湯気に乗って、シチューの香りが鼻腔をくすぐる。
まずは視覚と嗅覚で楽しめる。
その熱々のタンシチューをまず飲んでみる。
旨い!
ブラウンソースのシチューは、コクがありとても旨い!

具はタンにブロッコリー、蕪、ニンジン、小さなジャガイモ。
まずは一口サイズにカットされたタンを食べてみると、とても柔らかくて旨い。
野菜も、柔らか過ぎず、勿論固くもなく、敢えて野菜本来の食感を残している。

シチューを飲みつつ、タンを食べ、野菜も食べる。
パンをシチューにつけて食べたりして、最後まで美味しく食べ、あっという間にタンシチューを完食。
旨かった!

その後、食後の「コーヒーor紅茶」のどちらにするかをサービスの方に尋ねられる。
私はコーヒーをチョイス。
image.jpg

最後はゆったりコーヒーを飲みつつ、良いランチタイムであった。

帰る時には、先客の三人組以外に、女性客三人組と女性お一人様が居た。
私がいる間に電話で他の客の予約も取っていたので、更に客は増えるのであろう。
強い雨が降る平日にしては、まずまずの客入りであろう。
立地はお世辞にも良いとはいえないが、リーズナブルな値段と良い雰囲気で、付近の住民を中心に、ファンがいるのであろう。
料理も旨く、雰囲気もゆったりとしており、私もまた来たくなった。

家から比較的近いし、この日のタンシチューもまた食べてみたいし、他の料理も食べてみたいので、是非また来たい。
ディナーにも来てみたい。

御馳走様でした。

******************************
「人気ブログランキング」にこのたび参加いたしました。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ
******************************
posted by 太田 泰男 at 15:59 | TrackBack(0) | 飲食(フレンチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

ガンゲット・ラ・シェーブル(LA CHEVRE La Guinguette)@浅草

浅草のビストロ「ガンゲット・ラ・シェーブル(LA CHEVRE La Guinguette)」。
浅草の国際通りを西側に入った路地にあるお店である。
(「ガンゲット・ラ・シェーブル(LA CHEVRE La Guinguette)@浅草」の地図、電話番号等の詳細情報はこちら⇒http://yasuo2data.seesaa.net/article/418078831.html

上でビストロと書いたが、店名の通り、こちらのお店は「ガンゲット」を名乗っている。
「ガンゲット」とはwikipediaで調べてみると「フランス・パリ郊外の大衆的なキャバレーおよびダンスホールのこと。休日や夏の夜に飲食をし、音楽を演奏し、客がダンスを踊れる店で、多くはセーヌやマルヌの川沿いにあった。川辺や湖畔にあり、川エビや川魚料理を出し、ワインを飲み、アコーディオンを中心としたレトロな生演奏のバンドをバックにダンスを楽しむことができる。」とある(出典:wikipedia)

こちらのお店のホームページには、こんなことが書いてある。
「「ガンゲット」は19世紀中頃、今よりも少しパリが小さかった頃。パリで働く人々や、パリの外郭の街で活動する画家さんなどが気軽に飲む酒場として、交流する場としてモンマルトルなどで始まりました。
(中略)
パリを街の中心、モンマルトルをその外れとすると、浅草の賑わいから道を挟んだ、ここ西浅草は、日本にまだ根付いていない「ガンゲット」というお店を営むには一番の街なのかも知れません。
ビストロでもなくワインバーでもなく、僕たちの感じたままのパリの路地裏の酒場をみなさんと一緒に楽しめたらと思っています。」
(出典:http://www.chevre.jp/about-guinguette.html

そういえば、浅草の飲み屋で以前誰かが「浅草は薄目で歩くと、雰囲気がパリのように見える」とか言っていたっけ。
エッフェル塔のようなもの(スカイツリー)もあるし、凱旋門のようなもの(雷門)もある、とかなんとか。。
皆さんも、浅草に来た際には、試しに薄目で歩いてみてはいかがだろうか(笑)?

そんな日本のパリ(?)である浅草は、私の住まいから比較的近いのだが、国際通りの西側のこのエリアにはあまり来たことがなく、こちらの存在を知ったのはつい最近である。
平日、土日問わず14時から営業している店で、外から見る雰囲気も良く、そのうち来てみたいと思っていた。
先日、日曜日の夕方に初めて訪問した。

店内はカウンターが6席、テーブルが20席くらいであろうか。
一人で訪問した私はカウンターへ通された。

飲み物のメニューを見ると、多くのワインが並んでいる。
メニューに印がついているワインは、グラスやカラフェで注文することができるようだ。

まずは、グラス注文可能なスパークリングのメニューから、「クレマン・ド・ロワール」をグラスで注文。
フードのメニューを見ると、こちらも色々と興味があるものが並んでいる。
まずは「グジェール」、「ウフ・マヨネーズ」、「ハムカツ」を注文。

フードが提供されるのを待っている間に「クレマン・ド・ロワール」を飲み干したので、続いて白ワインの「エロー」をグラスで注文。
image.jpg

すると、「グジェール」が提供された。
image.jpg

「グジェール」とは、チーズを混ぜたシュー皮とのこと。
シュー皮の中には何も入っていない。
チーズの風味がして、外はフワフワ、中はジューシーでとても旨い。

続いて「ウフ・マヨネーズ」が提供された。
image.jpg

やや半熟のゆで卵にマヨネーズソースがかけられている。
マヨネーズソースがなかなか旨い。

ここで白ワインが無くなったので赤ワイン「ボルドー・シューペリウール」をグラスで注文。
image.jpg

また「パテ・ド・カンパーニュ」を追加で注文。
image.jpg

肉肉しさ、脂の感じ、味の濃さ、色々含めてとても旨い!
これはワインが進む。

そして「ハムカツ」が提供された。
image.jpg

いわゆる居酒屋のハムカツというよりは、ハムカツレツといった感じの上品なシフトのハムカツである。
あらかじめソースがかけられた状態で提供されている。
油っこさはないが、ほどよくジューシーで、ソースがほどよく染み込んでいて旨い。

もっと色々と飲んだり食べたりしたかったが、この日はこの後予定があったので、ここで終了。
酒もなかなか安く飲めるし、料理も旨かった。
そして、浅草の路地裏に佇むこちらの雰囲気もとても良い。
他にも食べたいフードメニューが沢山あったので、是非また来て食べてみたい。

浅草は近いし、昼過ぎからずっと営業しており、営業時間的にも行きやすい。
是非是非また来たい。

御馳走様でした。

******************************
「人気ブログランキング」にこのたび参加いたしました。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ
******************************
posted by 太田 泰男 at 11:54 | TrackBack(0) | 飲食(フレンチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする