2017年07月24日

とある日の家酒「フレシネ セミセコ ロゼ 中瓶(Freixenet Cordon Rosado 375ml)」

とある日の家酒。
先日、とある日に飲んだのは「フレシネ セミセコ ロゼ 中瓶(Freixenet Cordon Rosado 375ml)」。
20170724055616194.jpg

20170724055631111.jpg

20170724055649616.jpg

20170724055702407.jpg

「フレシネ」はスペイン・カタルーニャ州バルセロナ県サン・サドゥルニ・ダノイアに拠点を置くカヴァ(スパークリングワイン)の生産者。フレシネという名称は、フェラー家が13世紀からアルト・ペネデス地域に所有している農場、ラ・フレシネーダ(La Freixenada)に由来し、ラ・フレシネーダとは「トネリコの木」という意味を持つそうだ

カヴァはスペインで製造される瓶内二次発酵(いわゆるシャンパーニュ製法)のスパークリングワインである。

スパークリングワインを飲むのは好きだが知識はほとんどない。だが、フレシネのボトルの中でもメインとも言える「フレシネ コルドン・ネグロ」はスーパーやコンビニなどでも売られている製品であり、私も馴染みがある銘柄である。
カヴァはシャンパーニュと比べて遥かにリーズナブルだが、特にこの「フレシネ コルドン・ネグロ」は買い易い価格である。
今回購入した「フレシネ セミセコ ロゼ」は初めて飲む製品であり、ボトルで購入するのも勿論初めてである。

この酒の色はまさにロゼ色。
葡萄のフルーティな香りを感じる。
飲んでみると、豊潤ながらも辛口で、食前酒にも適しており、勿論、単体で飲んでもいい感じである。
何より、スパークリングワイン、特にシャンパンやスプマンテ、カヴァは、幸せな気分になる飲み物である。
旨い。

まあ、私は酒であれば大概好きなので、私の酒の感想は当てにならないが(笑)。

つまみは、市販の豆腐(オリーブオイル付き)や、チーズ、生ハム、サラミなど。
程よいつまみで良い家酒であった。

ハーフボトルということもあり、この日はあっという間に完飲してしまった。

「フレシネ セミセコ ロゼ 中瓶(Freixenet Cordon Rosado 375ml)」、旨かった。

******************************
「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」に参加しております。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
******************************
posted by 太田 泰男 at 05:57 | TrackBack(0) | とある日の家酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック