2017年07月11日

とある日の家酒「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年(JOHNNIE WALKER BLACK LABEL AGED 12YEARS)(700ml)」

とある日の家酒。
とある日に飲んだのは「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年(JOHNNIE WALKER BLACK LABEL AGED 12YEARS)」。
20170707155312751.jpg

20170707155328933.jpg

20170707155341924.jpg

20170707155355623.jpg

20170707155413749.jpg

ジョニーウォーカーはスコッチウィスキーの有名ブランドである。
モルトウィスキーにグレーンウィスキーをブレンドして作るブレンデッドウィスキーとしては、世界で最も有名なブランドとも言われている。

ジョニーウォーカーにはいくつかのラインナップがある。
「レッド(赤)ラベル」、「ブラック(黒)ラベル(ジョニクロの愛称でお馴染み)」、「ダブルブラック」、「スイング」、2016年に日本で再販された「グリーンラベル」、「ゴールドラベル」、「プラチナラベル」、「ブルーラベル」、「キングジョージ5世 ブルーラベル」などなど。

一般的に最も高価なものは「キングジョージ5世 ブルーラベル」。
1934年にジョニーウォーカーがキング ジョージ5世から、ロイヤルワラント(英国王室御用達)を授かったことを記念して造られた商品とのこと。
なんでも、キングジョージ5世の統治していた時代に稼動していた蒸留所のモルトが使われており、既に閉鎖している蒸留所であるポートエレンも使用されているそうだ。
この「キングジョージ5世 ブルーラベル」の値段だが、とても高価である。
とにかく私が手に届く代物ではない。
もちろん酒販店で購入したことはなく、バーなどでショットで飲んだこともない。そもそも、どのバーにでも置いてあるような代物ではない。

一般的にその次に高価なものが「ブルーラベル」。
ブルーラベルは、50年〜60年熟成したウィスキーがブレンドされているとのことで、すべてに証明書とシリアルナンバーがはいっている。
当然、「ブルーラベル」もとてもお高い。
酒販店で購入したことはないが、かなり前にショットバーでブルーラベルを1杯飲んだことがある。
ショットでも普通だとなかなか手を出せない値段である。
その味は詳細には語れないが、とにかく、とても旨かったという記憶がある。

ゴールドラベル、ダブルブラック、黒ラベルも、バーで飲んだことがある。
ゴールドラベルもとても旨く、ダブルブラックや黒ラベルでも十分旨かった。

以前、赤ラベルを酒販店で購入して飲んだことがあり、「とある日の家酒「ジョニーウォーカー 赤ラベル(JOHNNIE WALKER Red Labl)」」(http://yasuo2.seesaa.net/article/442624967.html)として当ブログにも記事をアップしている。

今回購入したのは、赤ラベルの1つ上の価格帯で、「ジョニ黒」の愛称でも知られる、「ジョニーウォーカー ブラックラベル」。
2000円ほどで売っているのを見て、購入することにした。

まずはストレートで飲んでみる。
綺麗な琥珀色である。
香りはアルコールの刺激臭はあまり感じず、まずはフワッと甘い香りが届き、そしてカラメルのようなビター
香りと、ほのかにスモーキーさも感じる。
口に含むとまず甘味を感じ、その後、ビターとわずかなスモーキーさを感じる。アルコールの尖った刺激はほとんど感じない。

1:1で加水して飲んでみる。
甘いハチミツのような香りが立ち上がり、ビターやスモーキーさはほとんど感じない。
口に含むと、やはり甘味が立ち上がり、ビターも感じるが、スモーキーさはストレートと比較して影を潜める。

ロックで飲んでみる。
香りはやはりふんわりと甘い。
口に含むと、甘味はほのかになり、ビターが立ったように感じる。氷の冷たさでキリッと味がしまり、ストレートとは違った魅力がある。

ソーダ割りで飲んでみる。
香りはストレート、加水、ロックと比較すると、かなり弱くなる。
口に含むと、甘味はほとんど感じず、ビターが際立つ。加水やロックでは影を潜めたスモーキーさもほのかに感じるから不思議である。

まあ、私は酒であれば大概好きなので、私の酒の感想は当てにならないが(笑)。

この日のつまみは、ドライソーセージ、チョコレート、かりんとう、ビスケット。
旨いウィスキーには過度なつまみは不要であり、こういった市販のものでも十分楽しめる。

この日は120mlほど飲んで終了。
値段と比較して十分に満足できる旨いウィスキーであった。
「赤ラベル」を飲んでからかなり時間が経っているので「赤ラベル」との詳細な比較は難しいが、あえて言うなら、今回飲んだ「黒ラベル」の方が洗練されてまろやかだったような気がする。ありきりたりな感想ではあるが。。

現在も開栓後の味の変化を楽しみつつ、少しずつ飲んでいる。

「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年(JOHNNIE WALKER BLACK LABEL AGED 12YEARS)」、旨かった。

******************************
「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」に参加しております。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
******************************
posted by 太田 泰男 at 06:21 | TrackBack(0) | とある日の家酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック