2017年07月07日

板蕎麦 山灯香@三軒茶屋

三宿交差点近くの国道246号線に面したところにある蕎麦屋さん「板蕎麦 山灯香」。
東急田園都市線の池尻大橋駅と三軒茶屋駅のちょうど中間くらいであろう。
20170707102758969.jpg

(「板蕎麦 山灯香@三軒茶屋」の地図、電話番号等の詳細情報はこちら⇒http://yasuo2data.seesaa.net/article/451149818.html

こちらのお店は、昼営業はなく、夕方17時〜深夜〜早朝4時ラストオーダーと、夜営業オンリーの居酒屋のような営業形態である。

こちらの存在は、最近この付近に住むようになってから初めて知った。
現在の私の住まいから近く、店の前を通ることが良くあるのだが、深夜でも混んでおり、気になっていたのである。
夜〜深夜までずっと混んでるようであり、私的には蕎麦屋さんには出来れば空いている時間に行きたいので、休みだった日の開店直後、17時少し過ぎに初訪問。
開店直後は流石に先客ゼロで一番乗りであったが、その後、私の滞在中には、後客が着実に来ていた。

私が訪問した時の店員はホール1人、厨房は見えないで何人いるか不明 であった。

店内はジャズが流れ、黒を貴重とした内装に薄暗い照明と、オシャレな感じを演出している。
席数は40席ほどであろうか。

席に案内されてこちらのメニューを見ると、勿論、蕎麦も様々なメニューがあるが、蕎麦以外の一品料理も多くのメニューが並んでいる。
酒も日本酒をはじめ、一通りの品揃えである。
20170707103158710.jpg

メニューのラインアップを見ると、蕎麦屋酒に適したお店っぽい。

まずは石川県の酒「遊穂 純米吟醸」をグラスで注文。ちなみに、日本酒は1合でも注文出来る。
20170707102813444.jpg

キレがありなかなか旨い。

かなり豊富な一品料理のメニューから、「板わさ」「漬けチーズのポテトサラダ」「合鴨焼き」「だし巻きたまご」を注文。

まずは「板わさ」が到着。
20170707105315376.jpg

わさび漬けが添えられるタイプ。
ゴボウの漬物と昆布の佃煮も添えられている。まずまず。

直後に「漬けチーズのポテトサラダ」も到着。
20170707105323477.jpg

漬けチーズにコロコロと小さく切られたじゃがいも、ベーコンに葱、三つ葉
揚げ蕎麦がクリスピー感を与えており、なかなか旨い。

それから少しして「合鴨焼き」が到着。
20170707105332768.jpg

合鴨の焼きに、葱の焼きが添えられている。
そこそこ脂がノっており、まずまずである。

それから少しして「だし巻きたまご」が到着。
20170707105343317.jpg

出汁の風味香る甘さ控えめのタイプ。
なかなか旨い。

多少時間差があったものの、ほぼ同時に四品の一品料理が提供されたので、贅沢な気分で日本酒を飲みつつ料理を食べる。

やがて「遊穂 純米吟醸」を飲み干したので、続いて岩手の酒「赤武 夏霞 純米吟醸」をグラスで注文。
20170707105353328.jpg

薄く濁ったビジュアル。
この酒もなかなか旨い。

酒を飲みつつ、料理を食べ、蕎麦屋酒を楽しむ。
気付けば店内はかなり賑わっている。
まだ18時を少し過ぎたくらい、それも平日なのにである。

やがて、酒を飲み干し、一品料理も全て食べたので、〆の蕎麦の注文に取り掛かる。

こちらは、店名にも冠されているように、「板蕎麦」を提供している。「板蕎麦」とは、山形県の内陸部で食べられている蕎麦で、ざるではなく木で作られた長方形の浅い箱状の器に薄く均一に盛られる。蒸籠に盛られるより水分の吸収が蕎麦に適しているとのこと。

上の方でも書いたが、蕎麦も温、冷多くのメニューがある。
さらに、各種、細打ちの蕎麦も選択できるようだ。

今回私は、基本のもり汁と胡麻だれの二種類のつけ汁が楽しめる「おためし蕎麦切り」を注文。

少しして「おためし蕎麦切り」が到着。
20170707105406486.jpg

もり汁(左手前)と胡麻だれ(中央)と薬味(右)
20170707105426294.jpg

蕎麦は灰色のビジュアルで、やや平打ちでやや太め。
蕎麦をすすると、香りはそれほど強くなく、コシがあるというより固め。
平打ちの太めの蕎麦ゆえ、喉ごしが良くとはいえないが、その噛み応えゆえ、存在感がある蕎麦とでも言おうか。

つけ汁は、もり汁はやや甘めで、出汁の風味をほのかに感じる。
胡麻だれの方は胡麻の風味がしっかりとする。

2種類のつけ汁で板蕎麦を楽しみ、あっという間に完食。
2種類のつけ汁を楽しめるのが嬉しい。

最後は蕎麦湯を楽しみ、あっという間に完食、完飲。
酒、一品料理、蕎麦とまあ楽しめた。

この日初訪問して実際に滞在した結果、こちらのお店に対する印象は、飲める蕎麦屋、というより蕎麦居酒屋といった感じである。
その違いは、あくまで私の感覚的なものだが、1人で蕎麦屋酒をするにはなんとなくしっくり来ないが、居酒屋的に複数人でワイワイ楽しむには向いている、といったところであろうか。

店の雰囲気としては、特に不快感を感じたわけではないが、店員同士もおしゃべりしてたりと、よくも悪くもチェーン店の居酒屋といった感じであった。
客と店側や店員とのコミュニケーションを楽しむというよりは、複数人で来て客同士で盛り上がることに適した店であろう。
この日実際に来てみた感じだと、客層的に客同士で盛り上がっている人が多そうである。

1人での蕎麦屋酒を楽しむには、この日みたいに空いている時間なら良いが、更に混雑すると、私的には向かない店であると思う。

深夜というか早朝の午前4時ラストオーダーであり、使い勝手が良さそうだが、立地的な影響か深夜でも混雑しており、午前1時頃通りかかっても店頭に待ち客がいたりと、ふらっと寄ってすぐに入れないので、1人でふらっと訪問したい私としてはそれほど使い勝手が良いわけでもない。

とはいえ、家から近いし、空いている開店直後に来れそうならまた来たい。
複数人で利用する場合には、一軒目としては勿論、営業時間が長いため二次会、三次会と使えて、使い勝手が良い店だと思う。

御馳走様でした。

******************************
「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」に参加しております。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
******************************
posted by 太田 泰男 at 10:52 | TrackBack(0) | 飲食(蕎麦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451588445

この記事へのトラックバック