2017年06月08日

麺屋 臥龍@三軒茶屋

三軒茶屋駅が最寄りのラーメン屋さん「麺屋 臥龍」。
20170602062350222.jpg

(「麺屋 臥龍@三軒茶屋」の地図、電話番号等の詳細情報はこちら⇒http://yasuo2data.seesaa.net/article/450423278.html

こちらは、鶏白湯は鶏白湯でも軍鶏を使った軍鶏白湯スープのお店で、無化調をウリにしたお店でもある。

こちらの名前は、一年以上前から知っていたが、今まで訪問する機会はなかった。
職場、住まいが近くになったので、いつでも行ける立地になり、先日、初訪問した。

訪問したのは、平日の夜営業時。
18時半を過ぎたころである。

店内はL字型カウンターのみで9席。
綺麗な感じの内装で、BGMにはジャズが流れていた。
店員は男性店主1人のみであった。
また、先客は1人であった。

こちらのメニューは軍鶏白湯スープの基本のラーメン系メニューと、軍鶏白湯スープに味噌を使用したラーメン、つけ麺がある。
また、トッピングだが、鶏チャーシューもも、鶏チャーシューむね、炙り豚チャーシューなどなどチャーシューが色々とあり、半熟味玉、ネギ、メンマなども追加トッピングできる。
20170602062416773.jpg

また、これらトッピング系をつまみとして、ビール、焼酎、日本酒も飲めるようで、これとは別に「本日のおつまみ」もあるようだ。
20170602062428459.jpg

基本の「らーめん」の豚チャーシューの代わりに鶏チャーシューもも、鶏チャーシューむねが入った「鶏チャーシュー麺」(850円)と「半熟味玉」(150円)を注文。

待っている間店内を見回すと、たくさんの焼酎の一升瓶が置かれている。
ラーメン屋さんとしては、かなり多い品揃えである。

やがて、注文の「鶏チャーシュー麺」の「半熟味玉」トッピングが到着。
20170602062445568.jpg

少し寄った写真。
20170602062510639.jpg

スープは白濁した白湯で、比較的粘度が低くサラッとした質感であり、最近多い粘度の高いドロッとした質感の鶏白湯スープとは一線を画す。
飲んでみると、鶏、というか軍鶏の旨味と思われるものが凝縮されており、コクがありつつも優しい味わいで旨い。

麺は中細のほぼストレート麺。
麺をすすってみると、柔らか目でモチモチした食感のこの麺が、上述のスープと上手くマッチして、とても旨い。

具は鶏チャーシューもも、鶏チャーシューむね、穂先メンマ、葱、追加トッピングの半熟味玉。
鶏チャーシューももは、ほどよく脂が乗り、焼き加減もよくなかなか旨い。鶏チャーシューむねは、とても柔らかく仕上げられており、これも旨い。半熟味玉は、黄身が少しトロ〜ッとしている半熟で、味付けも含め私好みで旨い!

麺を食べ進んでいくと、どんどんスープとの一体感が増してきているようで、どんどん旨く感じてきた。
スープだけ飲むよりも、もちろん麺自体で味わうよりも、このスープとこの麺が合わさることで、相乗効果で旨くなる。もちろん、ラーメンとは本来そういう食べ物であるが。

後半、塩分が少し濃い目に感じられたが、それほど気になるほどではなく、あっという間に完食。
スープもかなり飲んでしまった。
それくらい、完成度の高い、旨い軍鶏白湯ラーメンであった。
無化調でここまでの味を出しているのは素晴らしい。
具もこだわりが伝わる旨さであった。

こちらは上述の通り他にもメニューが色々とあり、今日食べた「鶏チャーシュー麺」が旨かったので、是非また来たい。
現在の住まいからも結構近めであるので、豊富な品揃えの焼酎を飲みつつ、チャーシューや味玉などをつまみ、〆にラーメンということもしてみたい。

御馳走様でした。

******************************
「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」に参加しております。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
******************************
posted by 太田 泰男 at 09:28 | TrackBack(0) | 飲食(ラーメン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック