2017年04月25日

とある日の家酒「写楽(冩樂) 純愛仕込み 純米酒 一回火入れ(720ml)」

とある日の家酒。
とある日に飲んだのは日本酒「写楽(冩樂) 純愛仕込み 純米酒 一回火入れ(720ml)」。
gazo 15393.JPG

gazo 15406.JPG

gazo 15421.JPG

福島県は会津若松市の宮泉銘醸株式会社が醸す日本酒銘柄「写楽(冩樂)」。
通年で販売されているというレギュラー商品から、季節限定の商品まで多くの商品が造られており、私は過去に何銘柄か飲食店で飲んだことがあり、とても旨かった記憶がある。
醸造量に限りがあり、人気のある銘柄でもあるため、酒屋でもなかなか目にする機会がなかった。
先日、四つ木の杉浦酒店にて「写楽(冩樂) 純愛仕込み 純米酒 一回火入れ(720ml)」が売っているのをたまたま発見し、迷わず購入した。

本品は一回火入れの酒であり要冷蔵となっている。
もちろん冷やで飲んでみる。

グラスに注いでみると、この酒はほぼ無色透明。
ふんわりと上品な甘い香りが香る。
生酒でなく一回火入れであるにも関わらず、とても良い香りの酒である。

口に含んで飲んでみる。
フレッシュで酸を感じる口当たり。
この酒を舌の上に乗せると、酸の心地よい刺激と共に、まず甘味が広がる。
そして、その後口中に旨味がじわーっと広がる。
喉越しはなかなか飲み応えがある感じである。
とてもとても旨い!

まあ、私は酒であれば大概好きなので、私の酒の感想は当てにならないが(笑)。

つまみは板わさ、湯葉刺し、豆腐、生姜が入った薩摩揚げ、豚南蛮蕎麦。
酒自体がとても旨いので、凝ったつまみはいらない。
むしろ、酒自体がとても旨いので、つまみはなんでもいい気がする。

この日は2合ほど飲んで終了。
とても良い家酒であった。

その後、口開けから数日置いて飲んでみる。
米の香りはそれほど変わらずにふんわりと感じる。
口当たりは酸を感じるが、口開け当初より若干フレッシュ感はなくなった感じがする。
そして、甘味と旨味が増した感じがする。
旨い!口開け直後とは若干変化したが、これはこれで旨い。

まあ、私は酒であれば大概好きなので、私の酒の感想は当てにならないが(笑)。

このときのつまみも、板わさ、豆腐、わさび漬けなど簡単なものであった。
結局、このとき残り全部を飲み干して終了。
人気のある銘柄だが、その人気に違わぬ旨さであった。
食中酒としても素晴らしいが、何より日本酒自体が旨い。
「写楽(冩樂)」には生酒の商品もあるので、そちらも出来れば飲んでみて、違いを楽しみたい。

「写楽(冩樂) 純愛仕込み 純米酒 一回火入れ」、旨かった。

******************************
「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」に参加しております。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
******************************
posted by 太田 泰男 at 09:54 | TrackBack(0) | とある日の家酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449317712

この記事へのトラックバック