2016年08月28日

札幌食道楽 39

≪はじめに≫
 この文章は「太田」と「やす」と「同行者」が、北の大地、北海道は札幌で食べ歩いた紀行文です。
「太田」と「やす」は本当は同一人物ですが、構成上別人とした方が書きやすいので別人としています。
 それ以外は、ほぼノンフィクションです。

(本稿は「札幌食道楽 38」(http://yasuo2.seesaa.net/article/441392443.html)からの続きです。)

――――――――――――――――――――――――――――――――

翌朝目が覚めたのは、午前7時半くらい。

(太田(以下「太」))ついに札幌最後の朝か・・・。
(やす(以下「や」))あっという間でしたねー・・・。

この日の午後、新千歳空港より、羽田へ向けて飛行機で帰る予定である。

(太)最後の朝だし、若干ゆっくりしたいなぁ。
(や)でも、最後の朝だし、朝飯は食いに行きたいっすよね。
(太)朝飯を食いに行くとしたら、ホテルの朝食バイキングか、チェーンの牛丼屋かファミレスか、あるいは市場のどれかだな。
(や)・・・札幌まで来て、ましてや食道楽目的で来て、チェーンの牛丼屋かファミレスはないでしょう!東京でも食えるし。。
(太)ホテルの朝食バイキングはどうだ?
(や)今回泊まっているこのメルキュールホテル札幌には、以前来たこともあるし、その時に朝食バイキングを食べたことがありますが、特別札幌感があるものはなかった気がします。。まあ、旨かったっすけど。
(太)じゃあ、やはり市場に行くか。
(や)札幌中央卸売場外市場と二条市場、どちらに行きますか?
(太)昨日の朝食で行く予定だった、札幌中央卸売場外市場近くの鮨屋さん「鮨の魚政」に行けば、おさまりがいいんだろうな。
(や)でも、地下鉄に乗ったりするんで、結構行くまでに時間かかりますよ?
(太)つまり、そんなにゆっくりできないってことか。。
(や)二条市場にしませんか?
(太)・・・・・・そうするか。
(や)どこの店に行きますか?
(太)・・・・・・色々と店はあるからなぁ。。
(や)・・・・・・これから調べますか?
(太)・・・・・・二条市場の場合、色々と総合すると、昨日と同じ店が一番いいんだよな。近いし、雰囲気も知れているし。
(や)・・・・・・では、またもや、まさかの2日連続訪問をするんでしょうか?
(太)・・・・・・そのまさかだ!

ということで、昨晩の「サッポロビール園 ジンギスカンホール」に続き、「海鮮処 魚屋の台所 札幌二条市場のれん横丁店」へ、2日連続で訪問することに決めたのだった。

(「札幌食道楽 40」(http://yasuo2.seesaa.net/article/441531040.html)に続く)

******************************
「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」に参加しております。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
******************************
posted by 太田 泰男 at 13:20 | TrackBack(0) | 紀行文(札幌食道楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

札幌食道楽 38

≪はじめに≫
 この文章は「太田」と「やす」と「同行者」が、北の大地、北海道は札幌で食べ歩いた紀行文です。
「太田」と「やす」は本当は同一人物ですが、構成上別人とした方が書きやすいので別人としています。
 それ以外は、ほぼノンフィクションです。

(本稿は「札幌食道楽 37」(http://yasuo2.seesaa.net/article/441363963.html)からの続きです。)

――――――――――――――――――――――――――――――――

「けやき すすきの店」はすすきのの路地にあるお店である。
image.jpg

過去の訪問時は、深夜とはいえ行列が出来ていたことがあった。
だが、この日は先客が2人座っているのみで、結構空いていた。

(太田(以下「太」))よし、空いているぞ。
(やす(以下「や」))流石に平日の深夜3時っすからねぇ。
(太)よし、食券を買うか。
(や)何を食べますか?

こちらのお店は味噌ラーメン専門店である。
スープの表面の油の層が出来ているタイプであり、いわゆる札幌味噌ラーメンといった趣のラーメンを提供している。

(太)過去に食べたのは、こちらの基本メニューである「味噌ラーメン」のみだ。今回は違うメニューを食ってみたい。
(や)でもこちらの味は、味噌のみっすよねぇ。
(太)その中でも基本の「味噌ラーメン」と違ったパンチがありそうな「にんにくラーメン」か「辛いラーメン」にしようと思っているんだが。。
(や)辛いやつは明日の朝食に響きそうじゃないっすか?
(太)そうだな。では「にんにくラーメン」にするか。
(や)過去に来た記憶だと、ここの麺量は少なくて物足りなかった記憶があるっす。「大盛」にしませんか?
(太)よし、大盛の食券も買おう!

ということで、「にんにくラーメン」(930円)と「大盛」(110円)の食券を購入。
空いている席へ座る。

(太)空いていて良かったぜ。ここの席と席の間は結構狭いから、隣に客がいると結構気になるんだ。
(や)しかし、札幌の味噌ラーメンの店は、待っている間にいい匂いがしますねぇ。

鉄鍋で野菜を炒める音と、ラード等の香りが店内に漂う。

やがて「にんにくラーメン 大盛」が到着。
image.jpg

少し寄った写真。
image.jpg

スープは褐色の味噌スープ。
表面にはたっぷりとラードの層が出来ており、黒いニンニク油らしきものも浮いている。

(太)デフォルトの「味噌ラーメン」には、この黒いニンニク油はなかったと思うぞ。
(や)唐辛子のようなものも少し浮いていますねぇ。

スープを飲んでみる。

(太)動物系の出汁の旨味に味噌のコクと旨味が絡み旨い。
(や)表面のラードの層が、スープの熱さを保つとともに、コッテリさとコクをプラスしていますねぇ。

麺は黄色い中太縮れ麺。いわゆる札幌味噌ラーメンでは定番の卵麺である。
すすってみる。

(太)プリッとした食感がよく、なかなか旨いな。
(や)この縮れた麺が濃厚な味噌スープを良く持ち上げますねぇ。

具はニンニクチップ、鍋で炒めたキャベツ、モヤシ、葱、ニンジンの千切り少々 、ひき肉、糸唐辛子。

(太)デフォルトの「味噌ラーメン」には、ニンニクチップはもちろん、糸唐辛子も乗ってなかったと思うな。
(や)ニンニクチップが、コッテリ濃厚な味噌スープに、香ばしさとアクセントを加えてくれて旨いっすね。
(太)鍋で炒めた野菜類も、このスープには良く合うな。
(や)忘れてましたけど、ここはチャーシューはデフォルトで入ってないんすね。
(太)そうだ。チャーシューが食べたい場合は、チャーシューの食券を購入するか、チャーシューラーメンの食券を購入する必要がある。

こちらは普通盛がそれほど多いわけでなく、大盛と言えど、特別量が多いわけでもないため、あっという間に完食。

(太)旨かったな。
(や)久しぶりに食べましたが、なかなか旨いラーメンでした。
(太)個人的にはデフォルトの「味噌ラーメン」よりもニンニクチップとニンニク油のパ ンチがあって、デフォルトよりも好みだったな。
(や)デフォルトの「味噌ラーメン」ににんにくをトッピングしただけだと思ってましたが、結構別物のラーメンになってましたね。

完食後、御馳走様の言葉とともに店を後にする。

(太)深夜まで営業しているラーメン屋さんは、札幌には他にも何店かあるが、午前4時まで営業しているお店は、あまりないだろうな。
(や)そうっすね。午前4時までとなると、多くはないと思います。
(太)言わば、札幌で深夜にラーメンを食べたくなった時の最後の砦的なお店だな。
(や)そうっすね。そして、札幌に来た際にはついつい行きたくなる店でもありますね。

(「けやき すすきの店@札幌(すすきの)」に関する記事はこちら
http://yasuo2.seesaa.net/article/435240368.html

「けやき すすきの店」からホテルに戻ったのは午前3時半少し前。
ようやく深夜ラーメンに行けた満足感から、少ししてベッドで眠りについてしまった。

(「札幌食道楽 39」(http://yasuo2.seesaa.net/article/441422895.html)に続く)

******************************
「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」に参加しております。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
******************************
posted by 太田 泰男 at 10:54 | TrackBack(0) | 紀行文(札幌食道楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

札幌食道楽 37

≪はじめに≫
 この文章は「太田」と「やす」と「同行者」が、北の大地、北海道は札幌で食べ歩いた紀行文です。
「太田」と「やす」は本当は同一人物ですが、構成上別人とした方が書きやすいので別人としています。
 それ以外は、ほぼノンフィクションです。

(本稿は「札幌食道楽 36」(http://yasuo2.seesaa.net/article/441336849.html)からの続きです。)

――――――――――――――――――――――――――――――――

目が覚めたのは午前2時近くになっていた。

(太田(以下「太」))結構寝たなあ。。
(やす(以下「や」))そうっすねぇ。もう午前2時近くとは。。
(太)だが、ラーメンを食べられるくらいに胃が空いたぞ。
(や)んで、どっちに行くんすか?
(太)うーん・・・。
(や)どっちっすか?
(太)えーと・・・。
(や)だからどっちっすか?
(太)うるせー!迷ってるんだよ!
(や)てか、近い方の「けやき」で良くないっすか?
(太)・・・近い方だと?・・・よし、そうしよう!
(や)え?ホントにいいんすか?
(太)ぶっちゃけ、タイプは違うがどちらのラーメン屋さんにも行ったことあるし、どっちでも良かったからな。この時間から「五丈原」まで歩くのは正直面倒だし。。
(や)確かに「五丈原」まではこのホテルから徒歩15分くらいかかりますからねぇ。「けやき」は徒歩4、5分で着きますからね。
(太)よし、「けやき」に行くか!

ということで、「けやき」に行くと決めた。
だが、「けやき」は近い上に午前4時まで営業している。
そのため、まだ時間に余裕があるから大丈夫だとゴロゴロしてしまい、なんらかんらで午前3時近くになってしまった。

(太)うーん。。もう午前3時か。。どうしよっかなー。。
(や)「どうしよかなー。。」って、どういうことっすか?
(太)いやー、なんか面倒になってきちゃったなー。。
(や)じゃあ、今日も行くのやめますか?深夜ラーメン。。
(太)・・・うーん。。いや、やっぱり行く!
(や)じゃあ、そろそろ行かないと。。
(太)よし、もう行くぞ!
(や)お、ホントに行く気っすね!

危うくこの日もそのまま寝てしまいそうだったが、なんとか踏みとどまり、深夜のラーメンへ行くべくホテルを出た。
時刻は午前3時くらいであった。
深夜3時のすすきのは、水曜日の深夜とはいえ、それなりに人が出ていた。
「けやき」には過去3回くらい訪問しており、場所は完璧に把握している。
迷うことなく、徒歩4、5分で「けやき すすきの店」に到着した。

(「札幌食道楽 38」(http://yasuo2.seesaa.net/article/441392443.html)に続く)

******************************
「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」に参加しております。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
******************************
posted by 太田 泰男 at 10:18 | TrackBack(0) | 紀行文(札幌食道楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする