2016年01月31日

【第二回 太田泰男の好きな店アワード】とんかつ 部門

「第二回 太田泰男の好きな店アワード」。
太田泰男の好きな飲食店の上位何店かを、その飲食店のジャンルごとに発表していく企画である。

本稿では私太田泰男が特に好きな「とんかつ」の店を発表していく。

------------------------------------
(注意事項・備考)

※あくまで太田泰男の個人的に好きな店の上位店であり、客観的な評価ランキングではありません。
 私ごときが飲食店を評価するなどおこがましいし、何よりそのような繊細な舌は持ち合わせておりません。
 人は音楽、映画、スポーツなどなど、どのジャンルにも個人的な好みがあると思います。
 その中の飲食店の個人的な好みの店を挙げるということです。

※前提として、私が記事にしている飲食店は、そ の度合いに差こそあり ますが、すべて最低限旨い、あるいは良いと思った店のみです。
 その中でもより好きな店を、上位何店か挙げるというものです。

※対象は2016年1月18日までにブログに記事をアップした店のみです。
 当アワードは、年末に行いたいと思う企画です。
 本当は12月31日の大晦日で区切るのがキリがいいのですが、なんとなく年明けにずれ込んでいます。
 ちなみに、ブログを始める前に行っており、記事にしていない店の中にも好きな店があると思いますが、そこは対象外とします。

※上位何店かを挙げますが、順位は付けません(付けられません)。
 例えば鮨店の中でより好きな店を3店挙げますが、その3店の中で1位、 2位、3位という順位付けはしません。

(参考「「第二回 太田泰男の好きな店アワード」について」⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/432748697.html

------------------------------------------------------------------------

「飲食店(とんかつ)」のジャンルで、現時点で当ブログにアップしている記事数は11本。同一店の重複を除いた記事にした店数は7店。

とんかつのジャンルでは、2015年は2店に行った。
もっと行きたかったが、気付いたら2015年が終わっていた。
2016年はもう少し行きたいものである。

どの店も旨かったが、対象の店舗数が7店のみであるため、この7店の中で1店のみ、特に好きな店として挙げたいと思う。
第一回と特に変動はないが、敢えて、ほぼ同様の文章とする。(チョイスする店の数には、特に基準はない。)


◆「成蔵」
高田馬場の超人気店。
営業開始前から行列ができ始め、営業中には長蛇の行列ができる。

こちらには2014年に2回ほど行った。
2回の訪問では、豚の種類は違うものの、いずれも「シャ豚ブリアン」のとんかつを食べた。
(シャ豚ブリアンとは、ヒレ肉の中でも、牛肉でいうところのシャトーブリアンに当たる部位である。)
こちらの「シャ豚ブリアン」のとんかつは、驚くほど旨かった。
低温でじっくり揚げたとんかつは、切り口はほんのりピンクだが、レアなとんかつというわけでもなく、火の通り加減が絶妙である。(レア なとんかつも嫌いではない。)
衣は軽くカラっと揚がっており、とんかつを噛むと、ジューシーな肉汁があふれ、口中に広がる。
ヒレ肉でここまでジューシーなとんかつは他ではあまり食べたことがない。
肉自体のほのかな甘さも感じることができ、とても旨かった。

他のとんかつメニューや揚げ物メニューも豊富で、他のメニューも是非食べてみたい店である。
他にも旨い店はあったが、現時点で1店を選ぶとしたらこちらになる。

高田馬場は立地的に近くないが、今後も何度も訪問したい店である。

(「成蔵@高田馬場」の記事はこちらから
http://yasuo2.seesaa.net/article/408886315.html
http://yasuo2.seesaa.net/article/400447587.html


以上が、とんかつの店の中で、現時点で、私が特に好きな店である。

(過去の「太田泰男の好きな店アワード とんかつ 部門」はこちら
http://yasuo2.seesaa.net/article/411554479.html

******************************
「人気ブログランキング」にこのたび参加いたしました。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ
******************************
posted by 太田 泰男 at 18:06 | TrackBack(0) | 第二回 太田泰男の好きな店アワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

【第二回 太田泰男の好きな店アワード】ハンバーガー 部門

「第二回 太田泰男の好きな店アワード」。
太田泰男の好きな飲食店の上位何店かを、その飲食店のジャンルごとに発表していく企画である。

本稿では私太田泰男が特に好きな「ハンバーガー」の店を発表していく。

------------------------------------
(注意事項・備考)

※あくまで太田泰男の個人的に好きな店の上位店であり、客観的な評価ランキングではありません。
 私ごときが飲食店を評価するなどおこがましいし、何よりそのような繊細な舌は持ち合わせておりません。
 人は音楽、映画、スポーツなどなど、どのジャンルにも個人的な好みがあると思います。
 その中の飲食店の個人的な好みの店を挙げるということです。

※前提として、私が記事にしている飲食店は、そ の度合いに差こそあり ますが、すべて最低限旨い、あるいは良いと思った店のみです。
 その中でもより好きな店を、上位何店か挙げるというものです。

※対象は2016年1月18日までにブログに記事をアップした店のみです。
 当アワードは、年末に行いたいと思う企画です。
 本当は12月31日の大晦日で区切るのがキリがいいのですが、なんとなく年明けにずれ込んでいます。
 ちなみに、ブログを始める前に行っており、記事にしていない店の中にも好きな店があると思いますが、そこは対象外とします。

※上位何店かを挙げますが、順位は付けません(付けられません)。
 例えば鮨店の中でより好きな店を3店挙げますが、その3店の中で1位、 2位、3位という順位付けはしません。

(参考「「第二回 太田泰男の好きな店アワード」について」⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/432748697.html
------------------------------------------------------------------------

「飲食店(ハンバーガー)」のジャンルで、現時点で当ブログにアップしている記事数は11本。同一店の重複を除いた記事にした店数は10店。
基本的に気に入っている店を何度もリピートするタイプなのだが、その割には、そこそこの店数に行ったものだ。

カレーのジャンルでは、2015年は1店も行けなかった。
行こう行こうと思っていたが、気付いたら2015年が終わっていた。
2016年は是非行きたいものである。

どの店も旨かったが、この10店の中で3店、特に好きな店を挙げたいと思う。
第一回と特に変動はないが、敢えて、ほぼ同様の文章とする。
(チョイスする店の数には、特に基準はない。)


◆「ファイアーハウス」
本郷三丁目駅が最寄のハンバーガーショップ。
2014年に初めて訪問し、その際には「アボカドバーガー」にチーズを追加して食べた。

こちらのパテはジューシーで、とても旨かった。
そして、それぞれの具のバランスがとても良いハンバーガーであった。
私はハンバーガーは、個々の具の旨さはもちろん、ハンバーガー全体としてのバランスや一体感が重要だと思っている。
そういう意味で、私好みのハンバーガーであった。

1度行って以来、なかなか行けていないが、ぜひまた行ってみたい店である。
こちらはメニューも豊富なため、何度でも行きたい。

(「ファイアーハ ウス@本郷三丁目」の記事はこちらから
http://yasuo2.seesaa.net/article/397841137.html


◆「MUNCH'S BURGER SHACK(マンチズ バーガー シャック)」
都営三田線の芝公園駅が最寄りのハンバーガーショップ。
2014年に初めて訪問し、その際には「アボカドチーズバーガー」を食べた。

こちらのパテは程良く粗挽きの牛肉100%のパテ。中心がほんのりピンク色の焼き加減。
この焼き加減が絶妙で、肉肉しい食感を楽しめ、とてもジューシーなパテである。

またこちらは一個のハンバーガーとしての一体感が素晴らしかった。
私が食べた「アボカドチーズバーガー」については、先のパテとアボカドのクリーミーさ、チーズのとろけ具合が絶妙であった。

こちらも立地的に遠いが、できれば何度でも行きたい店である。

(「MUNCH'S BURGER SHACK@芝公園」の記事はこちらから
http://yasuo2.seesaa.net/article/409990240.html


◆「SHAKE TREE(シェイクツリー)」
両国駅と錦糸町駅のほぼ間にあるハンバーガー&バーの店。
こちらの店がオープンするまでは、いわゆるグルメバーガーと呼ばれるハンバーガーを提供する店は、界隈には存在しなかった。
下町には希少なグルメバーガーの店であるが、こちらは比較的私の家から近いため、過去に何度か利用したことがある。

パテは粗挽きで肉肉しいタイプのもの。ジューシーでとても旨い。
バンズの表面の焼き具合も絶妙である。
何種類かのメニューを食べたことがあるが、どのメニューも、ハンバーガーとしての一体感が良く、旨かった。

こちらの店は、「ハンバーガー&バーの店」とあるように、バーとしての側面もある。
こちらのバーテンダーの方は、フレアバーテン ダーの大会で優勝したことがあるそうで、運が良ければそのパフォーマンスも見ることができる。

ハンバーガーを食べながら、バーとして利用することもできる店であり、その利用の仕方は幅広い。

比較的近くにあるということも行きやすいこともあり、私の好きな店の一つである。

(「SHAKE TREE(シェイクツリー)@両国」の記事はこちらから
http://yasuo2.seesaa.net/article/407143393.html
http://yasuo2.seesaa.net/article/381512688.html


以上が、ハンバーガーの店の中で、現時点で、私が特に好きな店である。

(過去の「太田泰男の好きな店アワード ハンバーガー 部門」はこちら
http://yasuo2.seesaa.net/article/411529060.html

******************************
「人気ブログランキング」にこのたび参加いたしました。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ
******************************
posted by 太田 泰男 at 18:10 | TrackBack(0) | 第二回 太田泰男の好きな店アワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

【第二回 太田泰男の好きな店アワード】カレー 部門

「第二回 太田泰男の好きな店アワード」。
太田泰男の好きな飲食店の上位何店かを、その飲食店のジャンルごとに発表していく企画である。

本稿では私太田泰男が特に好きな「カレー」の店を発表していく。

------------------------------------
(注意事項・備考)

※あくまで太田泰男の個人的に好きな店の上位店であり、客観的な評価ランキングではありません。
 私ごときが飲食店を評価するなどおこがましいし、何よりそのような繊細な舌は持ち合わせておりません。
 人は音楽、映画、スポーツなどなど、どのジャンルにも個人的な好みがあると思います。
 その中の飲食店の個人的な好みの店を挙げるということです。

※前提として、私が記事にしている飲食店は、そ の度合いに差こそあり ますが、すべて最低限旨い、あるいは良いと思った店のみです。
 その中でもより好きな店を、上位何店か挙げるというものです。

※対象は2016年1月18日までにブログに記事をアップした店のみです。
 当アワードは、年末に行いたいと思う企画です。
 本当は12月31日の大晦日で区切るのがキリがいいのですが、なんとなく年明けにずれ込んでいます。
 ちなみに、ブログを始める前に行っており、記事にしていない店の中にも好きな店があると思いますが、そこは対象外とします。

※上位何店かを挙げますが、順位は付けません(付けられません)。
 例えば鮨店の中でより好きな店を3店挙げますが、その3店の中で1位、 2位、3位という順位付けはしません。

(参考「「第二回 太田泰男の好きな店アワード」について」⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/432748697.html

------------------------------------------------------------------------

「飲食店(カレー)」のジャンルで、現時点で当ブログにアップしている記事数は24本。同一店の重複を除いた記事にした店数は24店。
基本的に気に入っている店を何度もリピートするタイプなのだが、その割には、結構な店数に行ったものだ。

カレーのジャンルでは、2015年は3店に行った。
もっと行きたかったが、気付いたら2015年が終わっていた。
2016年はもう少し行きたいものである。

カレーと一言に言っても、欧風、インド風、タイ風、ネパールやスリランカ等のその他アジアのカレー、スープカレー等、そのジャンルは多種多様である。
カレーのジャンルごとに特に好きな店を挙げていければ良いのだが、現時点でブログにアップしている店数はたった24店。
将来的にジャンルごとに分けることができれば良いとは思うが、今回については、カレーのジャンルごとに選ぶには、まだまだ対象の店の絶対数が少ない。
ということで、どの店も旨いし、カレーのジャンルもバラバラでチョイスすることが難しかった。
そんな中で、記事にした24店の中で7店、特に好きな店を挙げたいと思う。
第一回と特に変動はないが、敢えて、ほぼ同様の文章とする。(チョイスする店の数には、特に基準はない。)


◆「トマト」
荻窪の欧風カレーの人気店である。
こちらには2014年に初訪問した。

欧風カレーは他にも旨い店があるが、こちらの「和牛ビーフジャワカレー」を食べたときは、その旨さに驚いた。
どこの店も手間暇かけて作っていると思うが、こちらの手間暇のかけ方は尋常ではないらしい。
手間暇かければ必ず旨いものが作れるとは限らないが、こちらのカレーは、欧風カレーの中では、私的に現時点でも一番旨いカレーである。

欧風カレーは、カレーの中でも値段は少し高めの傾向があるが、こちらのカレーは、通常の欧風カレーよりもさらに高めの値段設定である。
だが、それでも決して高いと思わないくらい、旨い欧風カレーが食べられる。

荻窪は私の生活圏からかなり遠いため、立地的になかなか行くことができていないが、是非また訪問したい店である。

(「トマト@荻窪」の記事はこちらから
http://yasuo2.seesaa.net/article/400238420.html


◆「スパイスカフェ」
押上の路地裏の有名な人気店である。
押上は、いまでこそスカイツリーの最寄駅の一つとして多少名が知れているが、スカイツリーができる以前は、メディアにその名が出ることはなかった。
私は墨田区付近で生まれ育った人間のため、押上という名前には馴染みが深いが、東京出身の人でも、東京の西側に出身・在住の人は、まず知らない地名であったであろう。
そんな時から、こちらの「スパイスカフェ」は、有名なカレー店として人気があった。

こちらには、10年以上前に初訪問して以来、何度か行ったことがある。
土日はランチタイムもとても混雑するし、夜は平日でも予約客で一杯のときが多い。
だが、土日のランチタイムについては、混雑するものの、予約なしで待っている客が多い。
予約電話を入れておけば、一人の場合、結構入ることができる。
しかも、席が空きそうな時間を教えてくれて、その時間でも良ければ入れる旨を教えてくれるため、私のような比較的近所の人間は、それほど待たずに店に行くことができる。

カレーのジャンルとしては南インドのカレーが中心らしい。
毎日5〜6種類のカレーを作っており、複数のカレーを食べたい客向けのセットもある。
どのカレーも旨いが、私は特に「ラムカレー」と「ラッサムカレー」が好きである。

最近こちらには行けていないが、近所ということもあり、今後も何度も訪問したい店である。

(「スパイスカフェ@押上」の記事はこちらから
http://yasuo2.seesaa.net/article/381184890.html


◆「Rojiura Curry Samurai(ロジウラカレーサムライ). 下北沢店」
下北沢の路地裏にあるスープカレーの店。
こちらは、本店がスープカレーの本場・札幌にある店で、その東京進出店である。
私は、数年前に札幌の店にも行ったことがあるが、2014年、こちらに初めて訪問した。

スープカレーの店は、客がチョイスする幅がとても大きい。
カレーの種類(メインの具が何か)や、辛さのレベル、追加トッピング。
店によってはスープの種類自体が複数あってチョイスするところもある。
よって、本来は何度も通って自分のベストチョイスを探した上で、自分の中の評価をするのが本来の筋であろう。
初訪問時は、店によって辛さレベルも違うし、大食いの人でない限り、複数のスープを試すことも難しい。
チョイスによっては、その店の最大限のポテンシャルを味わうことができない可能性が大きい。
だが、私はカレーばかり食べる人間でもないため、今回の第二回目のアワードに関しても、第一回目のアワードと同様、初訪問の時の印象を評価対象とせざるを得ない。

その中で、こちらは辛さやスープのチョイスが私好みにハマったのか、とても旨いと感じた店である。
店の雰囲気も良く、店員の方の接客も気持ちよかった。

下北沢という立地は、私の生活圏に近くはないが、可能であれば、何度も通ってみたいと思った店である。

(「Rojiura Curry Samurai. 下北沢店@下北沢」の記事はこちらから
http://yasuo2.seesaa.net/article/408949072.html


◆「マジックスパイス 東京店」
下北沢の路地裏にあるスープカレーの店。
こちらも、本店がスープカレーの本場・札幌にある店である。

こちらへは2014年に久しぶりに訪問したが、過去に何回か行ったことがある。
下北沢は私にとってそれほど近くないが、それでも何度か行くくらい、好きな店である。
ちなみに、数年前に札幌の本店にも行ったことがある。

こちらのスープカレーは、サラサラで、カレーのスパイスが効いたまさに「スープ」である。
他の店では、スープカレーのカレースープは単体でも旨いが、やはりご飯と一緒に食べるのが一番旨いと思う。
ただ、こちらに関しては、ご飯がいらないとすら思ってしまうくらいカレースープがとても旨いのだ。

辛さの選択もスープカレーの特徴の一つだが、こちらの辛さレベルの呼び名が独特で面白い。
辛くない順から、「覚醒」「瞑想」「悶絶」「涅槃」「極楽」「天空」「虚空」。
トッピングも多種多様である。

下北沢という立地は、私の生活圏に近くはないが、可能であれば、何度も通ってみたい店である。

(「マジックスパイス 東京店@下北沢」の記事はこちらから
http://yasuo2.seesaa.net/article/406979454.html


◆「デリー 上野店」
湯島にある人気店。上野店とあるが、最寄駅としては湯島駅や上野広小路駅となる。
こちらはオープンして50年以上の歴史を誇る老舗で、銀座にも支店がある。

こちらのカレーは、日本人の口に合うようにしたインドカレーである。
あくまで日本人の口に合うようにしたインドカレーなので、ナンではなくライスに合うカレーである。

こちらには2014年に久しぶりに訪問した。
こちらでは、まだ「インドカレー」しか食べたことがないが、スパイスの香りと、チキンのコク、そして野菜や果物のほのかな甘さがまず感じられ、最後に辛味がやってくる。
とても旨いカレーである。
辛さマックスの「カシミールカレー」や、逆に辛さがそれほどないカレーもありメニューも豊富である。

こちらも何度も訪問したい店である。

(「デリー 上野店@湯島」の記事はこちらから
http://yasuo2.seesaa.net/article/399989007.html


◆「ダバインディア」
京橋のインド料理、インドカレーの人気店である。
こちらのカレーはナンが合う本場に近いインドカレー。
こちらには2014年、ランチタイムに初訪問した。

インド料理も色々あるようだが、この時のみの訪問であり、ランチメニューで「マトンカレー」しか食べたことがない。
この「マトンカレー」がだが、程よい酸味の中にしっかりとした辛さがあり、そして辛いだけでなく、スパイ
スの香りとマトンや野菜のコク、旨みを感じることができる。
ナンとの相性も抜群で、とても旨かった。

まだ初訪問以来、こちらへ行くことができていないが、とても印象に残った店の一つ。
他のメニューも食べてみたいし、今後も訪問したい店である。

(「ダバインディア@京橋」の記事はこちらから
http://yasuo2.seesaa.net/article/398047341.html


◆「奥芝商店 札幌本店」
スープカレーの本場・札幌の超人気のスープカレー店である。
支店も何店かあり、東京の八王子にも店がある。

こちらには2014年に初訪問したが、その行列ぶりには驚いた。
スープカレーは調理に時間がかかるし、食べるのにもやや時間がかかるため、同じ人数並んでいたとしても、待つ時間はラーメン屋の何倍もの長さになる。
それにも関わらず、地道に待っている人の多さには驚いたが、実際に食べてみて、人気があることには頷けた。
スープの旨さは秀逸で、具もとても旨い。
行列嫌いの私には、長い行列ができる店には行き難く、かなりのマイナスポイントなのだが、それを補ってあまりあるくらい旨かった。

並ぶのは嫌だが、札幌に行ったら行きたいスープカレーの店の一つである。

(「奥芝商店 札幌本店@札幌(西九条旭山公園通)」の記事はこちらから
http://yasuo2.seesaa.net/article/396653067.html


以上が、カレーの店の中で、現時点で、私が特に好きな店である。

(過去の「太田泰男の好きな店アワード カレー 部門」はこちら
http://yasuo2.seesaa.net/article/411520231.html

******************************
「人気ブログランキング」にこのたび参加いたしました。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ
******************************
posted by 太田 泰男 at 17:37 | TrackBack(0) | 第二回 太田泰男の好きな店アワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする