2015年01月30日

せんべろの街 立石プチ探訪 あとがきにかえて

紀行文第二弾「せんべろの街 立石プチ探訪」と題した連載が、全27回を以って終了した。

理想としては全編を書き切ってから、推敲をした上で、連載として記事をアップして行きたかった。
だが、それをしていると記憶がどんどん曖昧になり、鮮度が落ちるので、勢いで本編を書き切った。
本編で書きそびれたことや言い忘れたことはあまりないが、補足的なことを、あとがきに代えて書きたいと思う。

今回は東京の東端の区:葛飾区の立石へ訪問したことを題材とした。
全て一人の訪問である。
今回訪問した店の中には、過去には複数人で訪問したこともある店があったが、飲み屋に一人で行くと、複数人で行く時とは違った発見があって面白いものだ。店の人や他の客との会話以外にも、心の中で色々と考えたりしている時間が楽しかったりするのだ。
私的には、せっかく紀行文として書くのであれば、その瞬間に感じたことや思ったことを表現していきたい。だが、私の拙い文章力だと、その感情の表現が、説明的過ぎてテンポが悪くなりがちである。
それを解消しようと、今回は苦肉の策的に、無理矢理会話形式で書いてみたが、読み手の評価は別として、私的には意外と書きやすかった。
今後、もしまた紀行文的なものを書くときには、またこのスタイルを用いるかもしれない。

立石は、年季の入ったディープな店が多々ある。
人によっては敬遠する店もあるかもしれないが、私的にはとても楽しい街であった。
連載本文でも書いたが、今後も何度も訪問してみたい街である。

最後に念のため、本稿に全27回分の記事のリンクをまとめえ貼って、本稿を終えたい。

改めて、本連載「せんべろの街 立石プチ探訪」を読んでいただいた方、ありがとうございました。

※「せんべろの街 立石プチ探訪」のリンク(@〜27)
@⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/411363467.html
A⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/411384008.html
B⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/411402405.html
C⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/411440371.html
D⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/411490357.html
E⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/411540206.html
F⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/411610516.html
G⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/411856310.html
H⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/411865626.html
I⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/411895456.html
J⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/411924203.html
K⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/411945054.html
L⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/411980401.html
M⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/411997292.html
N⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/412038168.html
O⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/412165260.html
P⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/412216536.html
Q⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/412256722.html
R⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/412311000.html
S⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/412371168.html
21⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/412426997.html
22⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/412493921.html
23⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/412533619.html
24⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/412597897.html
25⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/412694078.html
26⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/412779273.html
27⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/413135023.html

******************************
「人気ブログランキング」にこのたび参加いたしました。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ
******************************
posted by 太田 泰男 at 12:48 | TrackBack(0) | 紀行文(せんべろの街 立石プチ探訪) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

せんべろの街 立石プチ探訪 27

≪はじめに≫
この文章は「太田」と「やす」が、『せんべろの街』葛飾区は立石付近で飲み歩いた紀行文です。
「太田」と「やす」は本当は同一人物ですが、構成上別人とした方が書きやすいので別人としています。
それ以外は、ほぼノンフィクションです。

(本稿は「せんべろの街 立石プチ探訪 26(http://yasuo2.seesaa.net/article/412779273.html)からの続きです。)

―――――――――――――――――――――――――――――――

「江戸っ子」出て、駅まではすぐ着く。

(やす(以下「や」))これでとりあえず立石探訪も終わりっすか?
(太田(以下「太」))うーむ。。
(や)もちろん、今後もまた立石に来るでしょうが、今回の立石集中訪問はこれでひと段落ってことでどうっすか?
(太)ぐむむ。。今日でひと段落ということに関してはやぶさかでない。
だが、結局いまだ行けていない餃子で有名な「蘭州」に、最後に行きたいのだ。
(や)え!?いや無理っすよ。もう腹いっぱいだし満足に食えないっすよ。
(太)それはわかってる。わかってるんだが、諦めきれないのも事実。
とりあえず店の前に行くだけ行ってみないか?
(や)・・・店の前に行くだけなら別にいいっすけど。。
ただ、店内には入らない方がいいっすよ。このコンディションで食ってもちゃんと味わえないで後悔するだけっす。

何はともあれ、餃子で有名な「蘭州」の前まで行く。
「蘭州」は、線路を挟んで「江戸っ子」や「鳥房」がある側にある。
駅の出口の階段を下りて、線路沿いの道を「鳥房」とは反対方向に歩き、最初の角を右に曲がってすぐのところにある。
「江戸っ子」からはやはり歩いてすぐのところである。

「蘭州」の前につくと、入り口の扉はガラスになっており、パッと見、空き席があるようであった。

(太)席が空いているぞ。
(や)確かに空いてるっすね。でも1、2分歩いただけでは腹減らないっすよ。。
(太)・・・仕方ない。今日は諦めるか。。
(や)「今日は」ってことは、また近々来るんすか?
(太)近々来るかどうかはわからない。いずれは来たいがな。
だが、立石探訪は、潔く一旦これで〆よう。
(や)〆ますか。既に潔くはないっすけど。
(太)立石探訪としては一旦ここで〆るが、今後も機会があれば何度でも来たい街だ。
来れば来るほど新しい発見がありそうだしな。
(や)確かにそうっすね。行きたくて行けてない店が色々あるっすからね。

というわけで、渋々ながらも、これにて「せんべろの街 立石プチ探訪」と題した本シリーズは終了する。
だが、個人的には、立石への訪問自体には、終わりはないと思う。
立石は、訪問してみて改めて、安くて旨くてアジがある店が溢れている、魅力ある街であった。
今後も機会を見つけて、立石へ出掛けることであろう。

(太)近頃は増税やそれに伴う様々な商品の値上げで、色々とせちがらい世の中だ。
とは言え、呑兵衛たるもの、旨い酒を旨いつまみでもって飲み、そんで酔っぱらいたい時もある。
そんな時は、財布に優しく、しかもいい感じで酔っぱらえ、なおかつ楽しい、「せんべろの聖地」「せんべろのメッカ」「呑兵衛達の総合アミューズメントパーク」、そう立石にぜひ行こう!
(や)よっ!締まりましたね!

(せんべろの街 立石プチ探訪 完)

※「せんべろの街 立石プチ探訪 あとがきにかえて」(http://yasuo2.seesaa.net/article/413207726.html

******************************
「人気ブログランキング」にこのたび参加いたしました。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ
******************************
posted by 太田 泰男 at 07:09 | TrackBack(0) | 紀行文(せんべろの街 立石プチ探訪) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

らあめん厨房 どる屋@東武宇都宮

宇都宮市は東武宇都宮駅から徒歩10分くらいの場所にあるラーメン屋さん「らあめん厨房 どる屋」。
住宅街の路地に佇む店である。
JR宇都宮駅からだと、徒歩25分くらいかかる。
(「らあめん厨房 どる屋@東武宇都宮」の地図、電話番号等の詳細情報はこちら⇒http://yasuo2data.seesaa.net/article/415548603.html

今回、こちらへ初訪問。
訪問したのは土曜日の夜19時半頃。

店内はカウンター3席、4人掛けテーブル3卓、2人掛けテーブル1卓。
先客は2人組が一組のみであった。

こちらの通常メニューは鯛の一夜干しを使用してスープを取った「鯛らーめん」。
しかし、日によって限定メニューを提供しており、私が訪問したこの日も限定メニューの日。
栃木の地産地消ラーメンの第二弾として完成させた「プレミアム八汐鱒らーめん」を提供する日。
栃木県の研究開発によって生まれたヤシオマスで出汁を取ったラーメンとのこと。
ちなみに通常メニューの「鯛らーめん」の提供はなかった。

「プレミアム八汐らーめん」にほほ焼豚が追加された「プレミアム八汐鱒らーめん・スペシャル」(850円)を注文。醤油と味噌から味を選べ、醤油を注文した。
麺の固さも、固め、普通、柔らかめから選べるとのことで、普通を選択した。
少しして、注文の「プレミアム八汐鱒らーめん・スペシャル 醤油」が到着。
image.jpg

スープは薄い褐色で、透明度が高い清湯醤油スープである。
スープを飲んでみると、アッサリ系の造りであるが、八汐鱒の脂が浮いており、旨みたっぷりで物足りなさは全くない。
麺は中細のほぼストレート麺。
麺をすすってみると、この麺がスープをよく持ち上げ、ハ汐鱒の旨みと醤油の旨みとあいまってとても旨い。
麺の固さ普通とのことだが、なかなかコシがあり、面白い食感の麺である。
具はロース、ばら肉、ほほ肉の3種類の焼豚、味玉(固茹で)、メンマ、葱。
3種類の焼豚は、どれも違った歯応えがあり、楽しかった。

あっと言う間に完食。とても旨かった。

旨かったので、宇都宮に来たらまた来たい。
今度は通常メニューの「鯛らーめん」も食べてみたい。

御馳走様でした。

******************************
「人気ブログランキング」にこのたび参加いたしました。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ
******************************
posted by 太田 泰男 at 06:38 | TrackBack(0) | 飲食(ラーメン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする