2014年12月31日

【第一回 太田泰男の好きな店アワード】うどん 部門

「第一回 太田泰男の好きな店アワード」。
太田泰男の好きな飲食店の上位何店かを、その飲食店のジャンルごとに発表していく企画である。

本稿では私太田泰男が特に好きな「うどん」の店を発表していく。

------------------------------------
(注意事項・備考)

※あくまで太田泰男の個人的に好きな店の上位店であり、客観的な評価ランキングではありません。
 私ごときが飲食店を評価するなどおこがましいし、何よりそのような繊細な舌は持ち合わせておりません。
 人は音楽、映画、スポーツなどなど、どのジャンルにも個人的な好みがあると思います。
 その中の飲食店の個人的な好みの店を挙げるということです。

※前提として、私が記事にしている飲食店は、その度合いに差こそありますが、すべて最低限旨い、あるいは良いと思った店のみです。
 その中でもより好きな店を、上位何店か挙げるというものです。

※対象は2014年12月26日までにブログに記事をアップした店のみです。
 当アワードは、年末に行いたいと思う企画です。
 本当は12月31日の大晦日で区切るのがキリがいいのですが、なんとなく年内にすべての記事をアップするしたいと思うので、大晦日より少し早めに区切ってます。
 ちなみに、ブログを始める前に行っており、記事にしていない店の中にも好きな店があると思いますが、そこは対象外とします。

※上位何店かを挙げますが、順位は付けません(付けられません)。
 例えば鮨店の中でより好きな店を3店挙げますが、その3店の中で1位、2位、3位という順位付けはしません。

(参考「「第一回 太田泰男の好きな店アワード」について」⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/411352198.html

------------------------------------

「飲食店(うどん)」のジャンルで、現時点で当ブログにアップしている記事数は30本。同一店の重複を除いた記事にした店数は24店。
基本的に気に入っている店を何度もリピートするタイプなのだが、その割には、結構な店数に行ったものだ。
「うどん」というジャンルでくくっているが、現時点で記事にしている店は、実質的に「讃岐うどん」の店のみである。
全国には稲庭うどんや水沢うどん、伊勢うどんに、関西のうどんや福岡のうどんなどなど、様々なうどんが存在していることは知っている。
それらのうどんも旨いのであろうが、私は讃岐うどんの魅力に取りつかれてしまったため、いかんせん、他のうどんまで手が回っていない。
そのうち讃岐うどん以外のうどん店にも行きたいと思っているのだが。。

ちなみに、記事にしている24店のうち、15店は讃岐うどんの本場・香川県の店である。
香川の店も東京の店も、どの店も旨かったが、この24店の中で7店、特に好きな店を挙げたいと思う。(チョイスする店の数には、特に基準はない。)


■「山越うどん」
香川県は綾歌郡綾川町羽床上にある超有名店にして人気店。
一応最寄駅は、琴電の滝宮駅になるが、歩いて行く距離ではない。
こちらには全国の讃岐うどんファンが訪れる。大型バスも停車できる広大な駐車場がある。
元々は製麺所(今も?)だが、今や店舗形態は「セルフ」と言って良いであろう。
セルフではあるが、うどん玉を渡されるだけのセルフではなく、例えば「かけうどん」であれば出汁を入れた状態で提供される。

私が初めて本場の讃岐うどんを食べたのは、こちらの店である。
その時の衝撃的な旨さゆえに、讃岐うどん好きになったと言っても過言でない。
以来、今年も含めて4、5回は訪問している店である。

こちらで有名なのは「かまたま」である。
「かまたま」ももちろん旨いのだが、私が最も旨いと思うのは「かけ(冷)」。
エッジが立ったうどんは、白くてピカピカ。
噛もうとすると、歯応えがあり、ただ固いだけでなく、噛み切ろうとすると、とても粘りがある。
素晴らしいコシだ。舌触りはつるつるで滑らか。
とにかく旨い。

当企画は順位はつけないの趣旨であるが、うどんに関して、現時点で1件好きな店を選ぶならばこちら「山越うどん」である。
香川は非常に遠いが、是非何度でも訪問したい店である。

(「山越うどん@滝宮(綾歌郡綾川町)」の記事はこちらから
http://yasuo2.seesaa.net/article/402246610.html


■「がもううどん」
香川県は坂出市加茂町の有名店にして人気店。
おおよそうどん店がありそうもないロケーションに佇む店である。
こちらにも、県外から讃岐うどんファンが訪れるようで、大行列ができる店の一つである。
店舗形態は「製麺所」である。

こちらには、今年も含めて2回訪問している。

こちらでは、まず入口でうどんのサイズと温・冷を注文しお金を払い、あとは自分で出汁をかけるなり醤油をかけるなりして食べる。
基本的に私は、讃岐うどんにおいては、冷たいかけうどんが好きなので、こちらでは冷たい出汁をかけて食べたことのみである。
うどんは、噛むと、それほど固くなく歯が入る。
しかし、簡単に噛み切られず、粘りがあり、モチっとしており、コシがある。
舌触りはつるつるで滑らか。食感がとても良くとても旨い。

こちらはうどんの旨さもさる事ながら、特筆すべきはそのロケーション。
前を見やれば、そこにはのどかな田園風景と、その向こうには山々が広がっている。
このシチュエーションも、讃岐うどんを香川で食べる上の重要な味付けの一つだ。

のどかな田園風景で旨いうどんを食べるために、是非また行きたい店である。

(「がもううどん@鴨川(坂出市加茂町)」の記事はこちらから
http://yasuo2.seesaa.net/article/402396918.html


■「一福」
香川県は高松市国分寺町にある人気店。
最寄駅はJRの端岡駅という駅である。
店舗形態は「セルフ」である。
セルフではあるが、うどん玉を渡されるだけのセルフではなく、例えば「かけうどん」であれば出汁を入れた状態で提供される。

こちらには、今年も含めて2回訪問している。

こちらでもうどんは「かけ(冷)」しか食べたことがないが、とても旨かった。
こちらのうどんは讃岐うどんとしては細めであるが、食べ応え十分のうどん。
エッジが立っており、白くて綺麗な表面で、しっかりと歯応えがあり、ムニ〜っと粘り、コシがある。
舌触りは滑らかでつるつる。
出汁も旨かった。

住宅街にある店で、ロケーションとしては特に珍しくないが、うどん自体がとても旨い。
こちらは香川のうどん店としては、比較的駅に近く、行きやすい店である。

特に好きな店の一つであり、是非また行きたいうどん店である。

(「一福@端岡(高松市国分寺町)」の記事はこちらから
http://yasuo2.seesaa.net/article/402452425.html


■「うどん本陣 山田家 本店」
香川県は高松市牟礼町にある人気店。
琴電の八栗駅から1200メートル弱、登り坂を登っていくとこちらの店はある。
店舗形態は「一般店」。

こちらには今年も含めて2回訪問している。

こちらは、うどん店とは思えないくらい立派な店構えで、店内もとても広い。

メニューは結構多いが、名物は冷たい「ざるぶっかけ」と、温かい「釜ぶっかけ」。
両方とも食べたことがあるが、私は特にこちらの「ざるぶっかけ」が好きである。
薬味をうどんの上にぶち込み、ぶっかけ出汁をぶっかけて、よく混ぜてから食べるうどんであるが、これが旨い。
こちらのうどんは、歯応えは比較的しっかりしており、歯を入れるとしっかりと粘る。
コシがあり、舌触りもつるつるでとても心地良い。
薬味がなくても十分旨いうどんである。

うどんも旨いが、こちらには、庭園が見える座敷席があり、時期と時刻によっては、空いているためゆったりとした時間を過ごすことができる。
このロケーションは、「がもううどん」とはまた違う種類の素晴らしさがある。

こちらも特に好きな店であり、是非また行きたいうどん店である。

(「うどん本陣 山田家 本店@八栗(高松市牟礼町)」の記事はこちらから
http://yasuo2.seesaa.net/article/402224346.html


■「手打ち十段 うどんバカ一代」
香川県は高松市の住宅街にある人気店。
高松市の中心部近くに位置し、琴電の瓦町駅が最寄りであり、店舗形態は「セルフ」である。
セルフではあるが、うどん玉を渡されるだけのセルフではなく、例えば「かけうどん」であれば出汁を入れた状態で提供される。

香川のうどん店は朝から営業している店は多いが、こちらは早朝6時から営業している。
香川で讃岐うどん店を巡るとしたら、朝一番にスケジュールする店である。
こちらには今年も含めて2回訪問しているが、いずれも開店直後に訪問した。

朝早く営業しているという店もポイントではあるが、こちらはうどんも旨い。
早朝からひっきりなしに客が来るのだが、その理由も頷ける。

こちらのうどんの特徴は、特に力強い食感であること。
噛んだときの、粘りやモチモチ感はほとんどない感じだが、ごちっと歯応えがあり、固いうどんである。
固めのうどんも好きな私としては、好みのタイプの一つである。

このうどんの歯応えを最も味わえるのは「かけ(冷)」であり、これも確かに旨い。
ただ、こちらに来たら「釜バターうどん」も食べてみたいメニューである。
釜揚げうどんに生卵を絡めて食べる「釜たま」に、バターを乗せて黒胡椒をかけて食べるメニュー。
今でこそ珍しくないメニューだが、こちらが元祖とのことである。
熱々のうどんと混ぜることによって、卵の白身部分がやや半熟状態となり、うどんによく絡む。
通常の「釜たま」もいわゆる「和製カルボナーラ」などと言われるが、この「釜バターうどん」は、釜たまにバターのコクと旨みが追加されており、濃厚でよりカルボナーラに近い。
黒胡椒でピリリと味を引き締めているところも、カルボナーラの様だ。
こちらの固めのうどんは、釜揚げ状態でも、力強さを保っており、とても旨いメニューである。

こちらも特に好きな店の一つであり、是非また来たい。

(「手打ち十段 うどんバカ一代@瓦町(高松)」の記事はこちらから
http://yasuo2.seesaa.net/article/402078311.html


■「田村」
香川県は綾歌郡綾川町の陶にある人気店である。
店舗形態は「セルフ」。
こちらはうどん玉を注文して、後はそのまま冷たいままで食べるなり、湯がいて温めるなり好きにする、セルフ色が強い店である。

こちらには今年初訪問した。

食べたのは冷たいうどん玉に醤油をかけるだけの「しょうゆうどん」。
最もうどん自体の味を味わえる食べ方だが、これが旨かった。
こちらのうどんは、ゴチっとした歯応えでパワフルなうどん。
ただ固いだけでなく、しっかりとしたコシがあり、噛むと最後にグニ〜っと粘り、その後ようやく噛み切れるうどんである。
こちらのうどん自体は、個人的な好みではトップ3に入る。

プレハブの簡素な店舗で、初めてだと見落としてしまいそうな外観。
うどん以外は揚げ物が少しあるだけで、遊びのないメニュー。
ただ、とにかくうどんはとても旨かった。

こちらの店主のおじさんが打つうどんを、是非また食べたい。
初訪問にして、私の特に好きな店の一つとなった。

(「田村@陶(綾歌郡綾川町)」の記事はこちらから
http://yasuo2.seesaa.net/article/402296549.html


■「丸香」
神保町の超人気讃岐うどん店。
過去何度も行ったことがあるが、必ず長蛇の行列ができている店である。
こちらの店主は、「山越うどん」で修行された方とのこと。

メニューが豊富で、色々なメニューを食べた。
どのメニューも旨かったが、私はこちらでも「冷かけうどん」が一番好きである。
白くてピカピカしたうどんは、エッジが立っており、歯応えがありしっかりとしたコシがある。
表面はツルツルしており、とても旨い。
かけ汁もいりこ出汁がきいていてとても旨い。

行列嫌いの私としては、長蛇の行列は閉口するポイントであるが、こちらは客の回転が早い。
待ち客の割には待つ時間が短いので、なんとか耐えられる。

東京の讃岐うどん店で旨い店は色々あるが、その中でもトップレベルに旨い店であると思う。
この企画は順位はつけないの趣旨であるが、現時点で、私の東京で一番好きなうどん店を選ぶとしたらこちらになる。

(「丸香@神保町」の記事はこちらから
http://yasuo2.seesaa.net/article/403862223.html
http://yasuo2.seesaa.net/article/393501604.html
http://yasuo2.seesaa.net/article/383822117.html
http://yasuo2.seesaa.net/article/382111600.html
http://yasuo2.seesaa.net/article/382000814.html


以上が、うどんの店の中で、現時点で、私が特に好きな店である。


******************************
「人気ブログランキング」にこのたび参加いたしました。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ
******************************
posted by 太田 泰男 at 14:40 | TrackBack(0) | 第一回 太田泰男の好きな店アワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

走った記録(12月31日・12月24回目)

今朝走った。
距離は6km。

今日はNHKBS1でNFLの試合を午前6時近くまで観ていた。(録画放送なんだからもっと観やすい時間に放映して欲しいものだ。)
それから寝たら走るのが億劫になりそうだったので、その勢いで走りに行った。

早朝かつ大晦日ということもあってか、かなり人出は少なかった。
とは言え、走っている人もチラホラいた。ランニング人口はやはりかなり多いのであろう。

今月の月間走行距離は、昨日までで145km。
今日の目標は、最低5kmは走って、月間走行距離を150kmに到達させることであった。
今朝はこの時期にしては暖かく、気持ちの良い晴天。
体は重かったが、ゆっくり走れば5kmは問題無く走れる。
5km丁度で終わらすのもなにか悔しかったので、最低目標より1km長い6km走って終了。
今年の走り納めとした。

これで、今月の月間走行距離は151km。
短い間とは言え、以前は月間200km以上走っていたことを考えるとまだまだだが、とりあえずの目標としていた150kmに到達できたことは良かった。

来年も頑張って走って行きたい。
だが、続けることが大事なので、あまり気張らずに、楽しく走っていければ良いと思う。

明日の元旦は、走るかどうかは分からない。
だが、出来るだけ早めに、走り初めをしたい。

******************************
「人気ブログランキング」にこのたび参加いたしました。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ
******************************
posted by 太田 泰男 at 11:05 | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【第一回 太田泰男の好きな店アワード】とんかつ 部門

「第一回 太田泰男の好きな店アワード」。
太田泰男の好きな飲食店の上位何店かを、その飲食店のジャンルごとに発表していく企画である。

本稿では私太田泰男が特に好きな「とんかつ」の店を発表していく。

------------------------------------
(注意事項・備考)

※あくまで太田泰男の個人的に好きな店の上位店であり、客観的な評価ランキングではありません。
 私ごときが飲食店を評価するなどおこがましいし、何よりそのような繊細な舌は持ち合わせておりません。
 人は音楽、映画、スポーツなどなど、どのジャンルにも個人的な好みがあると思います。
 その中の飲食店の個人的な好みの店を挙げるということです。

※前提として、私が記事にしている飲食店は、その度合いに差こそありますが、すべて最低限旨い、あるいは良いと思った店のみです。
 その中でもより好きな店を、上位何店か挙げるというものです。

※対象は2014年12月26日までにブログに記事をアップした店のみです。
 当アワードは、年末に行いたいと思う企画です。
 本当は12月31日の大晦日で区切るのがキリがいいのですが、なんとなく年内にすべての記事をアップするしたいと思うので、大晦日より少し早めに区切ってます。
 ちなみに、ブログを始める前に行っており、記事にしていない店の中にも好きな店があると思いますが、そこは対象外とします。

※上位何店かを挙げますが、順位は付けません(付けられません)。
 例えば鮨店の中でより好きな店を3店挙げますが、その3店の中で1位、2位、3位という順位付けはしません。

(参考「「第一回 太田泰男の好きな店アワード」について」⇒http://yasuo2.seesaa.net/article/411352198.html

------------------------------------

「飲食店(とんかつ)」のジャンルで、現時点で当ブログにアップしている記事数は9本。同一店の重複を除いた記事にした店数は5店。
どの店も旨かったが、対象の店舗数が5店のみであるため、この5店の中で1店のみ、特に好きな店として挙げたいと思う。(チョイスする店の数には、特に基準はない。)


■「成蔵」
高田馬場の超人気店。
営業開始前から行列ができ始め、営業中には長蛇の行列ができる。

こちらには今年初訪問し、2回ほど行った。
2回の訪問では、豚の種類は違うものの、いずれも「シャ豚ブリアン」のとんかつを食べた。
(シャ豚ブリアンとは、ヒレ肉の中でも、牛肉でいうところのシャトーブリアンに当たる部位である。)
こちらの「シャ豚ブリアン」のとんかつは、驚くほど旨かった。
低温でじっくり揚げたとんかつは、切り口はほんのりピンクだが、レアなとんかつというわけでもなく、火の通り加減が絶妙である。(レアなとんかつも嫌いではない。)
衣は軽くカラっと揚がっており、とんかつを噛むと、ジューシーな肉汁があふれ、口中に広がる。
ヒレ肉でここまでジューシーなとんかつは他ではあまり食べたことがない。
肉自体のほのかな甘さも感じることができ、とても旨かった。

他のとんかつメニューや揚げ物メニューも豊富で、他のメニューも是非食べてみたい店である。
他にも旨い店はあったが、現時点で1店を選ぶとしたらこちらになる。

高田馬場は立地的に近くないが、今後も何度も訪問したい店である。

(「成蔵@高田馬場」の記事はこちらから
http://yasuo2.seesaa.net/article/408886315.html
http://yasuo2.seesaa.net/article/400447587.html


以上が、とんかつの店の中で、現時点で、私が特に好きな店である。


******************************
「人気ブログランキング」にこのたび参加いたしました。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ
******************************
posted by 太田 泰男 at 07:12 | TrackBack(0) | 第一回 太田泰男の好きな店アワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする