2018年07月21日

とある日の家酒「VESSIER BRUT Cuvée Découverte(ヴェシェ ブリュット キュヴェ デクーヴェルト)750ml」

とある日の家酒。
先日とある日に飲んだのは「VESSIER BRUT Cuvée Découverte(ヴェシェ ブリュット キュヴェ デクーヴェルト)」。
20180721170911913.jpg

20180721170929098.jpg

20180721171027571.jpg

この酒はフランスのシャンパーニュ地方にてシャンパーニュ製法で製造されるシャンパンである。
生産者はポワルヴェールというワイナリーである。

シャンパンについて、一応書いておくと、シャンパンとはフランスのシャンパーニュ地方で、シャンパン製法にて造られるスパークリングワインである。
シャンパン製法とは通常の過程で作られたワインに酵母とショ糖を加え瓶内で二次発酵を促し、酵母によって糖分を分解することでアルコールと二酸化炭素を発生させ、シャンパンの泡立ちを完成させる。

シャンパンと言っても、様々な価格帯があるが、この「VESSIER BRUT Cuvée Découverte」は、購入した日に初めて知った銘柄である。
シャンパンとしてはかなりお手ごろ価格であり、通常でも税抜き3000円弱で売っている銘柄である。
そして、私の住まいの近くのスーパーで、商品入れ替えのために特別セールということで、なんと半額の税抜き1500円弱で売っていたところを購入したわけである。
シャンパンが1500円弱で買えるとは思っていなかったので、驚きであった。

冷蔵庫でよく冷やして、飲んでみる。

この酒の色は、薄めのシャンパンゴールド。
きめ細かい泡。
香りはふんわりと葡萄の香りが立ち上る。
飲んでみる。
ブリュットだが、それほどドライ感はない。
舌の上に乗せた刹那、仄かな甘味が広がるが、後味はスッキリで、舌の上の甘さがスーっと消える。
なかなか旨い。
この価格帯で買ったシャンパンとしては、十分楽しめる味わいである。

まあ、私は酒であれば大概好きなので、私の酒の感想は当てにならないが(笑)。

この日のつまみは、ジャガイモの冷製スープ(市販)、玉ねぎのソテー(自作)、ホワイトアスパラのソテー(自作)、マグロとアボカドのタルタル(自作)、ローストポーク(自作)。
どれも、酒が進む料理であった。
そして、後味がスッキリなこのシャンパンの特性ゆえに、料理にもよく合う。

この日は500mlほど飲んで終了。
残りは翌日に飲んでしまった。
いい家酒であった。

シャンパンは、飲むだけで感じる華やかさと(私だけかもしれないが)、食前酒に必要な機能的な要素を兼ね備えた、素晴らしいスパークリングワインである。
そして、こちら「VESSIER BRUT Cuvée Découverte(ヴェシェ ブリュット キュヴェ デクーヴェルト)」は、その中でもかなり安価で購入出来るシャンパンでありながら、味わいもまずまず良く、なかなかいい商品である。
食前酒だけではなく、食中酒としても十分使えて、使い勝手も良い。
ただでさえシャンパンとしては安いこの酒が、半額で売っていることはなかなかないと思うが、もし半額で売っていたら確実に買うであろう。
半額でなくても、場合によっては買いたい商品である。

「VESSIER BRUT Cuvée Découverte(ヴェシェ ブリュット キュヴェ デクーヴェルト)」、旨かった。

******************************
「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」に参加しております。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
******************************
posted by 太田 泰男 at 17:10| とある日の家酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

走った記録(2018年7月21日・7月19回目)

走った記録。

今日、走った。
距離は10km。

今朝はそこそこ早く起きることが出来たので、走った。

本当は午前5時前には走り出したかった。
ただ、夜目が覚めたのが午前4時少し前であり、さすがに早すぎた。
そして、また寝てしまい、起きたら午前6時を過ぎていた。
午前6時でも通常なら十分早いし、特に土曜日としてはかなり早いのだが、ここ最近の午前6時は、場合によってはもう暑い。
そして、走り出すまでの準備があるので、おそらく走り始めは午前6時半くらいになるであろう。
当然走っていくうちに時間が経つので、仮に1時間くらい走ったとしても、終わるころには午前7時半。
下手したら30℃を超えてしまう。
寝過ごしたことを悔やみつつも、準備をしてランニングコースへ出発する。

外に出てみると、日陰はそこそこ涼しく感じた。
だが日光が当たる場所では、すでに暑く感じる。
今日も「逆ランニング日和」であり、厳しいランニングになりそうである。
準備運動後、ゆっくりしたペースで走っていく。

走り出してみると、体が若干重く、脚もとても重かった。
これはキツイランニングになりそうだ。
走り始めは多少涼しく感じていたが、1kmを通過し、2kmを通過する頃には、早くも暑く感じてきた。
そして、汗が噴き出し体は熱くなってきたものの、脚がとにかく重ダルく、なかなか体が前に進まない。
昨日は疲労回復目的で4km走っただけであったが、長い距離を歩く機会があり、脚に疲れが溜まってしまってるようだ。
3kmを過ぎて、4kmに差し掛かる。
いくら脚が重いとはいえ、今日も4kmで終わるわけにはいかないと思い、ランニング続行。

5kmを走るころになると、若干脚がこなれてきて、多少走りやすく感じてきた。
6kmを通過するころまでは、若干走りやすいまま、比較的順調に走れた。
ただ、7kmを過ぎるころになると、また脚が重く感じてきた。
そして、脚が重いまま8kmに差し掛かる。
脚がかなり重いが、ここまで来たらあと2km走って、キリよく10km走ろうと、ランニング続行。

脚が重いままだが、なんとか9kmを通過し、最後は限界に近かったがなんとか10km走ってこの日は終了。
今日の脚の調子で、そしてこの暑さで、10km走れたので良かった。
ただ、10km走れば十分のはずなのだが、10kmでは満足出来なくなってきている。
10km走っても満足出来ないのは良いことなのかもしれないが、無理しないようにしたいと思う。

今日で今月の月間走行距離が200kmを突破した。
先月もなかなかよく走ったと思っていたが、今月は先月以上のペースで走れている。
今月の暑さは酷いが、なんとかこの調子で頑張りたい。

明日も出来れば走りたい。

******************************
「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」に参加しております。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
******************************
posted by 太田 泰男 at 09:31| ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

陽はまたのぼる@綾瀬 その4

足立区は綾瀬にあるラーメン屋さん「陽はまたのぼる」。
JR常磐線各駅停車、東京メトロ千代田線の綾瀬駅が最寄のお店である。
20180720094515589.jpg

(「陽はまたのぼる@綾瀬」の地図、電話番号等の詳細情報はこちら⇒http://yasuo2data.seesaa.net/article/458915500.html

こちらは、「麺処 さとう 桜新町店@桜新町」および「麺処 晴@入谷」(http://yasuo2.seesaa.net/article/400314665.html)で修行した店主が、2017年4月に独立オープンさせたお店である。

前回訪問してから来たい来たいと思っていたのだが、立地的に私の生活圏からは微妙に遠く、行こうと思った日が臨時休業であったりして、なかなか来れずにいた。
先日、土曜日の昼営業時に、前回訪問時から約1ヶ月半ぶりに訪問することが出来た。

店に午前11時40分着で、11人の行列が出来ていた。
もちろん店内は満席のようである。
やはり人気店である。

行列嫌いの私ではあるが、想定内の行列であったので、迷わず行列に接続。
行列の人の動きを見ていると、皆良きタイミングで列を離れて店内の券売機で食券を買っているようだ。
思えば、過去に来た時は全て営業開始前の到着であり、しかも前から数番目だったので、営業時間の途中に行列に接続した場合の食券購入タイミングがよくわからない。
まあ、上に書いた通り、良きタイミングで順番に食券を買っていく仕組みなのであろう。
そんなことを考えている間にも、どんどん私の後ろにも列が延びていく。

並び始めてから最初の20分近くは、全然列が進まないので、心が折れそうになる。
並び始めてから20分くらい経ってから、それから少しずつ列が進み出す。

並び初めてから 35分くらい経った時、食券を買うべく、店内に一旦入る。
店内の席構成は、前回と変わらずカウンターのみ8席。
この日の店員は、店主1人、助手1人の計2人。
この日もDragon AshのBGMが流れている。
(店名の由来は「陽はまたのぼりくりかえす」というDragon Ashの曲名からである。)

<注文システム>
店内入ってすぐの券売機で食券を買うシステム。
(「和え玉」のみ、現金を渡しつつ口頭で注文。)


こちらのラーメンメニューは、淡麗系で醤油ダレの「煮干しそば」、淡麗系で塩ダレの「塩煮干しそば」、濃厚系の「濃厚そば」の3本立て。
それぞれにトッピングなどのバリエーションがあり、その他ご飯ものやトッピング単品、缶ビールといったボタンが並んでいる。
また、夏季は「冷やし煮干しそば」の提供もしており、この日も提供していた。
そして、最近の煮干系のラーメン屋さんでは定番である「和え玉」も現金で注文出来る。


≪注文したもの(買った食券)≫
「特製濃厚そば」(1150円)
「厚切り豚」(200円)
「ニボ炊き込みご飯」(200円)(「豚めし」の食券を購入して注文)


どのメニューにしようかとても迷った。
この日もとても暑く、「冷やし煮干しそば」にしようかとも思ったが、「濃厚そば」の特製である「特製濃厚そば」の食券を購入。
また、こちらのチャーシューは厚切りの煮豚と低温調理のチャーシューの2種類あり、特製に両方入っているのは知っていたが、敢えて「厚切り豚」をもう1枚追加トッピングした。
過去3度の訪問で食べたが、とても旨かったからである。
また、ご飯ものは、以前は「山椒肉飯」を提供していることが多かったが、ここ最近店のTwitterを見ていると、「ニボ炊き込みご飯」というものをずっと提供しているようだ。
「山椒肉飯」もとても旨かったので、「ニボ 炊き込み ご飯」もおそらく旨いであろうと、食券を購入した。

食券を購入後、再び行列に戻る。
少しして、助手の方が食券を回収しに来る。
そして、それから少しして、店内のカウンター席へ案内された。
並び始めてから、だいたい45分くらいであった。

すでに食券が回収され注文が通っているので、カウンターに着席してから少しして、注文の「特製濃厚そば+追加の厚切り豚」と「ニボ炊き込みご飯」が到着。

「特製濃厚そば+追加の厚切り豚」
20180720094539629.jpg

少し寄った写真。
20180720094554491.jpg

<スープ>
スープは灰褐色のやや粘度がありそうなスープ。
それほどドロッとしてなく、濃厚スープとしては比較的さらりとしている。
飲んでみると、煮干がバキッと効いており、特有のビターが心地良く、ややマイルドにまとめられたスープ。
バランスが素晴らしく、旨い。

<麺>
麺は中太ストレート麺。
パツポキの食感で歯切れ良く喉ごしも良い。

<具>
具は厚切りの煮豚2枚とプラス端豚、定温調理チャーシュー2枚、味玉、刻み玉ねぎ、葱、岩のりと盛り沢山。
分厚い煮豚はほろほろに柔らかく仕上げられており、味付けも良く、相変わらずとても旨い!
ローストチャーシューも歯応え程よく、噛むと旨味が感じられ、味付けも良く旨い!
味玉は黄身がとろーりと流れ出すくらいの半熟で、味付けも良くとても旨い!
刻み玉ねぎは、煮干し系スープにはよく合い、その甘味とシャキシャキ感が良いアクセントとなっている。
岩のりもの風味もほんのりと効いている。


麺をすすると、煮干の旨味満載のトロッとしたスープを、パツパツの中太ストレート麺がよく持ち上げ、口中で合わさる。
とても旨い!
煮干の心地よいビターが、クセになる味わいである。
2種のチャーシューや味玉等の具もとても旨く、なんと贅沢なラーメンであろうか。
特に、厚切り豚は1枚でもボリュームがあるので、1枚追加したことで、肉を食らっている感を感じることができ、至福である。
もちろん、ラーメン自体がとても旨いからこその、至福の時間である。
煮干煮干しており、ガツンと煮干が効いていながらも、マイルドさも同居しており、バランスが絶妙である。
塩分も許容内で、とても美味しく食べ進められる。


「ニボ炊き込みご飯」
20180720094617789.jpg

ほんのり茶色く色付いたご飯に、細かくカットされたチャーシュー、刻み玉ねぎが乗せられ、山椒がかけられている。
ほんのり醤油風味で、山椒がいい塩梅できいており、旨い。


「特製濃厚そば」の麺と具をどんどん食べ進み、スープを飲む。
旨い!とても旨い!
「ニボ炊き込みご飯」の上に、途中で、厚切り豚や味玉を乗せて食べたり、食事を楽しむ!

結構腹が膨れて来たので、この日は「和え玉」は自重。
やがて、「特製濃厚そば+」追加の厚切り豚を完食。
とても旨かった!
煮干ガツンと効いていながら、煮干の良いところのみを抽出してエグミをギリギリまで抑えた、とても旨い濃厚煮干ラーメンであった。
チャーシュー等の具も素晴らしかった。
また、「ニボ炊き込みご飯」も完食。
「山椒肉飯」のパワーには及ばないものの、さっぱりと食べられるし、満足感もあり、旨かった。
やはり旨い店はご飯メニューも旨い。

食べ終わって外に出ると、外には10人以上の行列が出来ている。
まあ、行列が出来る理由もよくわかる。

こちらの「濃厚そば」はやはり旨かった。
その上、チャーシュー等の具もどれも旨く、とても満足感のある食事が出来る。
以前食べた淡麗系煮干メニューも旨かったし、こちらは何を食べても旨い。
また、「冷やし煮干しそば」は未食なので、是非とも食べてみたい。

綾瀬というあまり行くことがない場所にあり、立地が若干ネックであるが、それでもなんとか都合をつけて、出来ればちょくちょく行きたい。

御馳走様でした。


※「陽はまたのぼる@綾瀬」の以前の記事はこちらから
http://yasuo2.seesaa.net/article/459733122.html
http://yasuo2.seesaa.net/article/459694710.html
http://yasuo2.seesaa.net/article/459154953.html

******************************
「人気ブログランキング」、「にほんブログ村」に参加しております。
もしよろしければ、以下のボタンのクリックをお願いいたします。
↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村
******************************
posted by 太田 泰男 at 13:00| 飲食(ラーメン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする